リツちゃんのドールメイク 4回目!

どうもはみㄘんです♪
リツ「波音リツよ♪」


この週末は記録的な大寒波!
1リツちゃん(約57cm)も積もった!!

俺氏「こんなに積もったのは初めて」
リツ「雪を見たのは初めて」
お互い初めてづくしである。


今回もメイク!

さて、今回もリツちゃんのメイクである。
と言うか、ぶっちゃけ前回のリベンジだ!

いやまあ、端から見たら悪くないと思うよ。
最初はアレかと思ったが、やっぱり上手く出来たと思うもん。褒めてくれた人もいるし♪
俺氏「(。・ω・)σ)´Д`)プニプニ」
リツ「やだもーマスター!(;´Д`)」
ほっぺさわさわスリスリ♪

でも、俺氏の持つリツちゃんのイメージとは違うので、僅か1週間でオサラバである。
俺氏「南無阿弥陀仏 Ω\ζ°)チーン」
リツ「死んでないわよ!!」
1P HAMISAN NAMU AMI!! ゲームオーバー

という訳で、メイクをやり直すよ!

今回使うのは?

ぶっちゃけ前回と同じである……が、一応掲載しておこう。

ヘッド:DDH-09
筆:造形村 青03青07茶01
塗料:ファレホ
修正:リキテックスリムーバー等
その他:くじけぬ心
※メイクした日は珍しく大雪で超寒かった……でも換気しないと死ぬ。おのれリキテックス
俺氏「雪とリツちゃんを撮ろうと思ったけど寒かったので殆ど撮ってません」
リツ「アタシも氷属性だけど寒いのはちょっと……」
お前火属性っぽいけどちゃうのん?俺氏は風属性かな

そして、リツちゃんの頭を前のもの(DDH-07)に変えて、机の隣に配置!
今回もリツ様がみてる♪

前回と服が違うのは、リツちゃんがお洒落さんだからです!!
リツ「いや、そういうわけじゃないんだけど…」
俺氏「流石に毎回同じ服というのも芸がないしな」
そもそも俺だって毎日同じ服着てるわけではない!ずぼらでも不潔ではない

では、メイク開始!……の前に!

前回のメイクを落とす!

まずはアイ(目玉)を取る!
これは付けた時の写真だが、ここまでガチガチにやってると取るのが大変www

それでもピンセット等を使ってやや強引に引っ張れば取れる。
俺氏「リツちゃん痛いと思うけど我慢してね~♪」
リツ「あ、いや……もう頭変わってるから」
別に痛くないらしい。

そして、アイを外したらメイクを落とす!
リキテックスリムーバーでガンガン落とす!
え、シンナー臭? ヤバいで♡
メイクを落としたらしばらく放置して乾燥。
ファレホの黒が殆ど色移りしてなくてビックリしたわ。寧ろ、ボークスの下描きペンの方が色移りしてる。何でや?

その後、一応中性洗剤で洗い、下地のコーティング(つや有りでもいい)をしてまた乾燥。
乾燥に時間がかかるので、こういうのはだいたい前日にやっとく。
一晩もあれば十分!
俺氏「ちなみに光沢や半光沢でコーティングすると、修正時に下地のどこが消えたかわかりやすいw」
リツ「それ以前にあまり修正しないでね」
とは言え、頭がテカってるのは何か違和感あるんよなぁ…… ハゲ頭

それでは、メイク開始!!

よし、メイク開始じゃ!!
……と言いたいのだが、普通に書くと前回と全く同じ内容になる。
ぶっちゃけサジマジバーツぐらい同じになる。

リツ「またこれを出すとは……!」
俺氏「チッ、覚えていたか」
さて、どこで使ったでしょうね?

だから前回より若干端折って書くよ!
決して、書くのがめんどくさいからではありません!!!
リツ「めんどくさかったのね……」
俺氏「キサマ、何故わかった……!?」
自分でそう言ってるようなモンやしwww

まずはお目々から!

とりあえず下書きして上下のアイラインと二重まぶたを書く!
意外にも2時間程度で終わった。しかし、多くの爪楊枝と綿棒が犠牲になった。

俺氏「尚、顔面が光沢を誇っているのはつや有りでコーティングしたからデス」
リツ「不気味だから次からつや消し使って……」
余ったやつ使ってるねん、堪忍してや!早く使い切りたい…

続いて、前回と同じで眉毛を描く!
ここの下描きでかなり手こずったが、本塗りはそれほどでも。
俺氏「なかなかこう……対称にはならんよな」
リツ「意外と難しいのね……お疲れ様」
それっぽく見えるようにすらならないという悪循環。

唇は違うやり方で!

前回はタラコ唇になるという大失態を犯したので、ここは慎重に……!と思ったけど、ここで俺氏はファレホではなく、ピンクのパステルを取り出す!
そして、唇の周りをマスキング!

SDのメイク本に則り、今回はパステルで唇を塗る模様。
俺氏「ぶっちゃけ初の試みである」
リツ「上手い人のメイクはだいたいパステルよね」
だからちょっとやってみる!

コットンで塗り塗りφ(..)トントンしてマスキング剥がすとアラ不思議!
リッちゃんのお顔が大惨事であるwww
リツ「笑わないでよ!うぅ~(ノД`)」
俺氏「抑えていたつもりが、笑わずにはいられなかった」
許せwww

写真ではわかりにくいが、唇の周りがビンクで荒れてる。
俺氏「マスキングが甘かったか……!」
リツ「コットンの範囲が広すぎただけでしょ……お化粧に使うブラシとか使ってみたら?」
俺氏がそんな物を持っているとでも?ダイソーにあるんかな?

とりあえず口の周りをメラミンスポンジで拭いて、ほっぺの赤みやら目の周りやら塗ってつや消しコーティング!

しかし、ファレホのエアブラシシンナーでパステルが落ちなかったのは驚き。
俺氏「ボークスの下描きペンはスンナリ落ちてくれたのに……」
リツ「だからと言ってリムーバーかけちゃダメよ!」
パステルどころか下地まで落ちるわwww

最後にアイラインの一部と唇にグロスを塗り、アイを仮止めしてとりあえず完成!

リツ「口の黒い部分が若干取れてるんだけど……」
俺氏「シャラップ!!」
修正しようとしたら酷くなるパターンや。

20mmか? 22mmか?

さて、完成したのは良いが、実は未だにアイのサイズが20mmか22mmかで迷っている。
だから一旦、両方仮止めして見比べてみた。

20mm

まずは20mmアイ。DDH-07ではぴったりサイズだが、09だと若干小さい。
縦の長さがアイホールより短くて上or下から見ると不自然に見える。まんまるタイプは問題無さそう
ボークスのアイだとF、G、H、J、L、N、Qタイプの形はダメかも。リツちゃんはGタイプ
ただ、今までずっと20mmで行ってたせいか、こっちの方がしっくり来る(ように見える)
俺氏「若干顔が変わったものの、07と大差は無いな」
リツ「そうなんだ。自分じゃよくわかんないけど」
20mmアイ付けるなら07の方が良いな。

22mm

続いて22mmアイ。今回のDDH-09にはピッタリのお目々。
眼球は縦のサイズは問題無いが、横がちょっと大きいように感じる。
しかし、07と比べて丸顔で童顔なので、これでちょうど良いのかもしれない。

あと、09のアイホールで、アイをハメ込む所が22mmと合ってないので若干隙間がある。
俺氏「22mmのアイサイザーが必要だな……」
リツ「今度ボークスに行った時に買いましょう」
20mmはぴったりハマった。こっちを想定してるのか?

結局どっちにしたの?

……とまあ、甲乙つけ難いのだが、今回は22mmアイを選んだ。
俺氏「たまには違う大きさのアイを付けてみようブロロロロー」
リツ「ちょっと目が大きくなった……けど、視界が広がるわけじゃ無いみたいね」
でかくなっても見える範囲は変わらんらしい。

そうと決まったら、グルーガンで楽しく固定♪
今回もやりすぎなぐらいやっちゃいました♪外す時大変やでこれ…

リツ「う~ん、頭が重いわ」
俺氏「それは、何かの病気かもしれない」
単純にグルースティックが詰まってるだけやwww

という訳で、メイク終了!


じゃーん!!


ほぼ丸一日使ったが、4回目のメイクが終了!結構失敗した
お疲れ様でした。
リツ「うん、今回はなかなか良いんじゃないかしら」
俺氏「ああ、何せ俺は天才だからなw」
天災の間違いでは?

せっかくなので…

せっかくなので、前回のメイクと比較してみましょうかね~♪


前回

今回

うん、やっぱり今回の方が良い。
同じ顔でもメイクで随分変わるものだ。現実の女と同じか
とりあえず「童顔メイクに失敗したブス」という悪印象は払拭した!
リツ「それにしてもブスって酷い言葉ね」
俺氏「この兵器の如きデスワードを考えた奴にはノーベル逆平和賞を与えるべきだな」
ブスの本懐の前書きであるwww

前回の失敗を活かし、アイラインを細く、唇も控えめに……と言うかパステルで塗ったが、ダメだと思った所はちゃんと直っている。
俺氏「実は唇は一度、塗りに失敗してやり直してる」
リツ「うん、唇周りが真っ黒になって大変だったわね」
その黒ずみがちょっと残ってるかもしれない。

ただ、もう一度言っておくが、前回のメイク自体はそこまで悪くない。と言うか、2回目より上手く出来たと思っている。
だが、俺氏の持つリツちゃんのイメージに合わなかったのでやり直したのだ。

どうでもいい余談

あと、どうでもいいんだけど、DDH-09は07と比べてヘッドの取り付けがしにくい。
ジョイント部分の穴がちょっと小さいのよ。広げりゃエエやん!

そして、DDH-07は裏に「73」という数字が書かれている。
ちなみに06ヘッドは「65」、09ヘッドは「76」。
写真撮って加工もしてみたけど、わかりにくくてスマソ。スマホだと見えないのでは……?
この「73」という数字は波音リツのナンバーであるため、ある意味07ヘッドがリツちゃんに最も相応しいヘッドなのかも知れない。
リツ「な、なるほど……!」
俺氏「実際、07も相当イメージに近かったからな」
09を手にした今、どのヘッドがリツちゃんに最も相応しいか、答えが出る。

最後に


2週続けてメイクするとは思わなかったが、ようやくお迎え時からの悲願であったDDH-09を装着できて良かった。
ただ、ここまでDDH-07を使っていたので、やっぱり「ん?」って思うところもあるんだけど、たぶん2~3日で慣れるwww2ヶ月ぐらいはこの顔で行くんじゃないかと思う。
俺氏「3月の京都ドルパ終わったらもっかいやってみようか」
リツ「アタシはいつでもいいわよ♪」
07か09か……どっちになるかはわからんが。09は予備がある

まあでも、そろそろ資材(綿棒や爪楊枝)とやる気が尽きてきてるからしばらくはメイクやらんだろ。まだまだ一日仕事である感は否めない。
リツ「アタシのために、しっかりと働きなさい!」
俺氏「よし、ならば一時的にリツちゃんの臣下となろう。愛してます、姫」
リツ「うきゃーーーーーーっっ!!!!//////」
ここで余計な茶々を入れる俺氏。

では、戯れもこれぐらいにしておいて、そろそろこの辺りでお暇しようか。
俺氏「では、さらばだ! (`・ω・´)ノシ」
リツ「またね~♪ (*´∀`*)ノシ」


なかなかに挑戦的な瞳。
リツ「うふふ……♪」


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. めー より:

    リツちゃんきりってして可愛くなったですね♪ちゃくちゃくとメイクがうまくなっている♬

    • GoriasHami3 より:

      ありがとうございます♪いつになるかわかりませんが、次のメイクも頑張ります!