リツちゃんと全国制覇(8/47)!福井県ドルツー2日目!

さて、前回の投稿から約一週間、サボるかもしれんよと言ってホントにサボってしまったお昼寝常習者、凛々子氏のお部屋が始まり……
リツ「ちょっとマスター、いつから凛々子が主役になったのよ!?!?」
Lily「大変よリッちゃん、凛々子ちゃんがまた……!」
凛々子「( ˘ω˘)スヤァ……」
お昼寝中でした☆


こんなゲームコーナー初めて見たw


福井県ドルツー2日目!

さて、今回は前回に引き続き、全国制覇の旅・福井県ドルツー2日目である。

リツ「さ、今日はどんな田舎を見せてくれるのかしら?」
俺氏「もうちょっとオブラートに包んだ言い方って無い?」
田舎という言葉を使わずに田舎を表現するのだw

2日目のスタート地点は福井県あわら市。
えちぜん鉄道のあわら湯のまち駅辺りから始まる。

地図を見ると何かいろいろありそうだけど基本的に田園地帯ですw
リツ「ええ、夜の虫の多いことよ……」
俺氏「田舎はしゃーない」
ウチの地方も多いしw

それでは、本編を始める前に……もはや様式美だが、前回のリンクを設置して……と。

→リツちゃんと全国制覇(8/47)!福井県ドルツー1日目!

んじゃ、福井県ドルツー2日目、行っちゃいましょうか♪

午前7時、スタート!

前日は長時間の運転の疲れからか午後22時頃にはもう消灯してしまったが、グッスリ眠ったおかげでHPMP全快の状態で2日目を迎えました。

リツ「おかげで朝5時に目が覚めちゃったわねw」
俺氏「昨日(1日目)も5時起きやったやんw」
朝は早いんですボクㄘん

九頭竜湖へ!

本日の目的地は福井県の東の果てにある九頭竜湖。
通った道は以下の通り。

途中、道を間違えたりトイレに駆け込んだりトラックに煽られたりと楽しくも何ともないアクシデントに見舞われながらも、何とか道の駅九頭竜に到着!


あんな山道が50km/hとか……
リツ「トラックが80km/hぐらいでかっ飛ばしてるんだけど…?」
俺氏「よく事故らんなw」
兵庫大阪京都なら40km/hの道ですよ?福井県恐るべし

そんな狂気の国道158を越えた先にある道の駅九頭竜、そこにはでかい恐竜のモニュメントが建てられているのです。

福井県といえば恐竜と言われるくらい恐竜で盛り上がっている県で、ここに来る途中に恐竜博物館なるモノがあったのだが、時間帯が早すぎて開いてませんでしたw
リツ「開いてても行かなかったでしょ?」
俺氏「だって走るのがメインだし…」
宇宙人と比べても地味だしな!

尚、ここは道の駅であるが、JRの駅も兼ねているというハイブリッド型。
こんな所にまで線路通してるJRすげーなw 利用客いるのか?

リツ「ご丁寧にバスまであるわよ?」
俺氏「使う人いるのだろうか?」
そもそも人が住んでなさそうな土地w

当然の如く無人駅なので、ちょっとお邪魔してみましょうかw


やべえ、1日に5本しか電車来ないのかw
リツ「今まで見たどの時刻表よりも過疎ってるわね…」
俺氏「高千穂ですら2時間に1本ぐらいあったのに…」
既に廃線ですけどね!

そして、次の電車は10時58分発ですが、まだ9時台なので駅はもぬけの殻ですw


どうせ1両編成のワンマン電車しか来ないんだから、駅もこんな長くしなくて良かったのでは?
リツ「ふ、雰囲気よ。雰囲気」
俺氏「確かに短かったらあんま駅っぽくない」
新幹線の駅みたいに長過ぎても困るけどな!

しかし、こういうトコってバイクの1台や2台いてもいいぐらいなのだが……?

リツ「アタシ達しかいないわね……」
俺氏「来るの早すぎたか?」
でももう9時回ってますよ?

まあ、他所のバイクがいても別に何か交流するわけでもないので、俺氏には関係ないんですけどねw

リツ「そもそもドール持ってる時点で誰も関わろうとしないでしょw」
俺氏「良い魔除けを手に入れたもんだw」
リツちゃんを魔除け扱いwww

夢の架け橋(自称)なる所へ!

さて、特に目的もなく九頭竜湖に来た訳だが、ちょっと行った先に夢の架け橋なる厨二感溢れる橋があるので立ち寄ってみる。

九頭竜駅からおおよそ10~15分ぐらいだろうか?
もうあと10分ほど東に走れば岐阜県に入るだろう位置にある夢の架け橋がこちらです。


リツ「何の変哲もない普通の橋ね」
俺氏「この先は険道として名を馳せている県道230号線なので地獄への架け橋としか思えないw」
ストリートビューで事前確認した時点で通りたくなくなったわw

尚、こちらがその県道230の入り口です。
こんなゲートがある時点で険道感満載やわw

リツ「まだ舗装されてるだけマシじゃない?」
俺氏「岡山とか普通に走行不能な県道あったしなw」
瀬戸内の方だったなw

そんな険道の事はどうでもいいので、今は地獄への架け橋夢の架け橋に意識を向けましょう。

リツ「小さな明石海峡大橋かしら?」
俺氏「形状は似ているが……」
何で大きめの橋ってこんな形多いんでしょうね。

横にオレンジの軽トラがあるが、周囲に人はいない。乗組員はどこにいるのだろう?

そんな些細なことはどうでもいいので、大胆にも橋のド真ん中で撮影という愚行を冒す。


リツ「公道のド真ん中にバイク停めて写真撮るなんて…」
俺氏「何かイケないことをしてるみたいだ」
もちろん初体験ですよw

とは言え、こんな所を通る車など皆無。
何もない上に、行った先は地獄の三丁目(険道)ときたもんだw

リツ「夢も希望もあったもんじゃないわねw」
俺氏「何を思って夢の架け橋と名付けたんだろうか?」
せめて大砲があれば…… ロマン砲

あちらは国道158
何でここと橋の形が違うんでしょうね?

反対側は山と湖しかございません。
日本全国どこにでもあるような田舎の景色ですw
リツ「ええ、バイクであっちこっち行ってたら余計にね…」
俺氏「橋の上で停まるなんて事はなかなか無いけどなw」
交通量ゼロだからこそできる芸当。

さて、写真は十分に撮ったので、そろそろ御暇しましょうか。

リツ「戻るのね?」
俺氏「先へ進んだら岐阜県入るからなw」
先日、石川県入りはしましたがねw

道の駅に戻りましょう。

その前にちょっとダムに寄る。

夢の架け橋から先に進むとそこはもう岐阜県に入ってしまうので、来た道を引き返すのだが、帰る途中に九頭竜ダムなる物体があったのでちょっと寄ってみた。

リツ「物体…?」
俺氏「物体」
物体です。

ここは国土交通省管理なのかな?
一般車両は中に入れないが、どうも一般ホモサピエンス人は入れそうな気配がある。奥に展示室っぽいのがあるしな。


リツ「まあこんな案内板があるから入れるんじゃない?」
俺氏「騙されるな、これは孔明の罠だ」
行政を信用してはいけない。

まあ展示室に行くヒマなど無いので、高い所から大自然を眺めるくらいしかやることないですねw

上から見ると結構道がグネグネしてるなw
リツ「あと、標高も低い…?」
俺氏「そんなに登ってきた覚えないんだけどな」
知らないうちに高いところ走ってたりする。

再び道の駅九頭竜!そして、帰路につく!

ダムを堪能したら道の駅九頭竜に戻る。
来たときと違ってバイクがやたら多かったが、みんな近隣のナンバーでしたなw

リツ「ちょっと人が増えてる…?」
俺氏「気のせいです」
朝っぱらからこんなド田舎に人が来るわけ……!

ここから敦賀に向かうのだが、やはり険道国道を通るのはイヤなので素直に国道158でひたすら西に走る!

しかし、道の駅を出てすぐ、暴走タイプではない大型トラックに捕まってしまい、超絶まったり走行しかできなくなったので、流れを変えるためにたまたま通りかかった越前下山駅にて英気を養う。


リツ「アレが標準でしょ?行きの暴走トラックはレアだったのよ」
俺氏「ソシャゲで言うSSRクラスかな?」
いや、あれはR~SRぐらいだろう。

へ~、登山道があるんだ。

リツ「登るの?」
俺氏「嫌です」
ツーリング中に登山とか勘弁w

ま、そんなのはどうでもよく、せっかく来た無人駅を写真に収めてゆく。

リツ「のどかな駅ね…」
俺氏「利用者いるのだろうか?」
一応、近くに家が何件かあるが……?

まさかの電車到着www

一通り撮り終えてそろそろ戻ろうかと思った矢先、1日に5本しか来ない電車が来ちゃいましたw

俺氏「おお、何という幸運!!」
リツ「1日5本のうちの一つが……!」
もちろん、時間なんか見てませんよ?

乗らないけどせっかくだから写真撮っておこうかw

リツ「誰も乗り降りする人いなかったわね…」
俺氏「中も人いなかったしなw」
運転手さん一人だけという文字通りのワンマン電車。

さて、電車も去っていった事だし、我々もそろそろ出発しますか。

リツ「そうね、結構タイムロスしてるし」
俺氏「10時ぐらいには出れると思ったんだけどなぁ…」
もう11時過ぎてます。

なるべく市街地は避ける!

気を取り直して再出発した後は国道158県道2国道476県道201を通って福井県の大動脈(つまり混む道)たる国道8号線まで一気に走る。

国道8に入ったらすぐさま国道365に入り、JRの線路沿いの道を走る!
リツ「京都ナンバーが初心者マークを煽っている…」
俺氏「あいつら他県でもやりたい放題だなw」
ホームたる京都はもうね…… 大阪よりひどい。

どの道も初見で、特に県道201はある程度の険しさを覚悟していたのだが、終始片側一車線の広い道だったので良かった。ε-(´∀`*)

俺氏「寧ろ途中の国道の方が通りにくかった件」
リツ「田舎の生活道路をブチ抜くとは思ってなかったわ」
3桁国道はこういうのがあるから……

途中でお腹が空いたのでスーパーにてお昼ご飯を摂取した後、再び敦賀に向けて走り出す。


ここでコンビニではなく、スーパーを選ぶ辺りが何とも……
リツ「こっちの方が売ってる物も多いし価格も安いじゃない」
俺氏「サラダチキン美味ぇ」(´~`)モグモグ
糖分無いから眠くなりにくい。しかし腹が減りやすい…

敦賀に到着、そして更に西へ!

九頭竜を出てからおおよそ2~3時間ぐらいか、午後13時30分頃に再び敦賀赤レンガ倉庫に到着。

昨日と違ってやや暗い曇り空が不穏な気配を漂わせておりますw
リツ「降水確率は50%、怖い数字ね」
俺氏「しかし雨自体は弱いとの事で」
降っても強引に突っ走れる程度だと判断。

オバマ小浜へGO!

さて、ここから先はほぼ全て過去に踏破済み。
しかし、空いてるルートを取ると行きと同じ道になってしまうため、敢えて車の多い国道27を選択。

流石に途中で嫌気が差したのか、国道162との分岐を曲がり、県道22県道24という国道27並走ルートで小浜に向かう。
リツ「流石にバスとトラックのコンボには勝てなかったか…」
俺氏「こいつらに挟まれた時の圧迫感よ」
すり抜けて逃げることを推奨。

そして、道の駅おばまにてトイレ休憩。
進行方向である西の空は明るく、雨が降っている気配は無かったが、南の空(京都市やビワコ方面)は既に強烈な雨が降っている模様だったので、屋根のある所にバイクを置く。

リツ「ちょっとポツリポツリと降ってる…?」
俺氏「南の山からの流れ弾が飛んできてるなw」
しかし本降りにはなりそうにない。

最西端へ!

行きは県道1号線から福井県入りしたが、帰りはスルーして舞鶴方面に向かう。
国道27を避けようとチマチマ海岸沿いを走って行くが、どうしようもない所は国道27を走る。

そうこうしている内に福井県最西端の駅、JR青郷駅に到着。


リツ「あっという間に着いちゃったわね」
俺氏「やはり雨は降らなかったな」
もうどこにも降る気配はない。

何か立派な駅舎が建っていますが、何てことはありません。限りなく無人駅ですw

それでも九頭竜駅よりは電車来るやろ。
リツ「5本以上は電車あったわよw」
俺氏「この辺だと10本以上はあるでしょw」
時刻表見るの忘れたw

ちょっと寄り道するよ!

そして、いよいよラスト!
このまま国道27を真っすぐ行けば京都府舞鶴市に入り、福井県とはおさらばなのだが、それでは芸がないので、敢えてこの半島を迂回し、別方向から舞鶴市に向かう!

俺氏「まあ国道はゴミ多いしね」
リツ「もうちょっとオブラートに包んだ言い方を…」
武器がその辺を走っている。

こちらが福井ー京都の県境です。
あのガードレールの向こうはもう京都府。


植物でちょっと見えにくいけど、ちゃんと看板があります。
リツ「いよいよ福井ともお別れね」
俺氏「別に行こうと思ったらいつでも行けるけどなw」
2時間ぐらいかかるけどね!

では、最後に1枚撮って福井県に別れを告げ、魑魅魍魎・悪鬼羅刹が跋扈する京都府に足を踏み入れましょうか。

リツ「果たしてアタシたちは無事に帰れるのかしら?」
俺氏「最大の難関は舞鶴市街地ですな」
ガイジ多いからなあそこ。

そして、まだギリギリ明るい19時20分。疲労が溜まりつつも京都人の危険運転にも負けず、無事に帰ってこれました!

ドラレコ付けて片っ端から通報したろか京都人め。
リツ「賛成ね、早速Amazonで……」
凛々子「おっと、手が滑ってアゾンのページに」
そういや会員更新しないと。ポイントが無くなる。

以上、福井県ドルツーでした!

という訳で、1泊2日の福井県ドルツー兼、第8回全国制覇の旅はこれにて終了!
いつもより観光地が少ないのはドルツーだからだ。そこは許してくれw

リツ「有名どころじゃ東尋坊ぐらいしか行ってないでしょ?」
俺氏「恐竜博物館は閉まってたしな」
そら朝8時は開いてへんって!

今回通ったルートを振り返ってみるとこんな感じ。

青が1日目赤が2日目のルートだが、よくよく見ると殆ど一周しておりますな。
リツ「見事に山間部は避けてるけどねw」
Lily「落ちたら死ぬんだから避けて当然じゃないかしら?」
アレは国道157だったなw

そんで、走りに走った2日間の走行距離ですが…

716.5kmでした。

1日目がおおよそ315km、2日目が400kmぐらいとなっております。
凛々子「1日500kmに比べたらまだまだですね♪」
Lily「400kmでも結構なものよ?」
軽く言ってるけど下道オンリーで400kmオーバーって相当だからな!

走った感想は?

まあ、福井県は過去にツーリングで何度か行っているので全く知らないわけでは無いのだが、やはり田舎車が少ないので走りやすい!
個人的に走りやすいと思ったのはやはり1日目。

  • 京都府から福井県に入る県道1号線
  • 小浜から三方五湖へと向かう国道162号線
  • 敦賀から海沿いを北上する県道204国道305号線

この辺りは至高の走り心地でしたね♪
リツ「運良く暴走車もいなかったしね」
凛々子「凛々子が運転したら一発免停になる自信ありますっ!」
一体お前は何キロ出すつもりなんだ……?

特に海沿いを北上する国道305は全く車がおらず、海を眺めて潮騒の音を聴きながらゆっくり走れるのはたまらんばい!
リツ「マスター、よそ見は厳禁よ!」
Lily「ああ、マスターが母なる海に還ってゆくのね……(ノД`)」
まだ事故ってない!

流れは速いですw

あと福井県は全体的に車の流れが速い……というより兵庫大阪京都辺りの関西圏と比べると制限速度が速く、そのせいで車に乗ったサル共がスピードを出しまくってだなぁ……
凛々子「兵庫県並みにK察さんが張ってたらボロ儲けですねっ♪」
リツ「福井はK察が少ないのかしら?」
人手不足なんちゃいますか?

国道158のこんな山道が50km/hですからね。
80km/h(予想)でかっ飛ばす大型トラックと、それに付いていくバーサーカーみたいな車に辟易していましたね……はい。

こんな道、兵庫だと40km/hですよ?80kmとかで走ってたら即死ですよ?(免許的に)
リツ「いえ、福井でも即死でしょ……」
Lily「一般道30kmオーバーはもれなくアウトよ♪」
それ考えるとバイクってめっちゃ怖いんよな。めっちゃスピード出るから。

ちゅー事で、福井県も踏破済みとしてぬりぬりしていきましょー♪

凛々子「何だか久しぶりに見た気がします!」
Lily「4月5月とサボってたからねぇ……」
お……お金と時間とやる気が…… 何を言っても言い訳にしかならないw

お次はどうします?

さて、次回は行くかどうかわからんが、一年で最も暑くて熱い7月!
いっその事、避暑地として沖縄にでも行ってやろうかと思ったが、ちょっとそこまでの財力は無いので……

凛々子「沖縄が避暑地ですか?」
リツ「あー、去年そんな事を言ってたような…」
確か日本一涼しいのが沖縄だった(34度ぐらい)でも台風よく来る…

しかし、その頃には外気温38度とかいう殺人的暑さになっているだろうから、電車+徒歩とかだとたぶん死にますねw
凛々子「マスターさん、車庫にあるアレは置き物ですか?」
Lily「そういえばまだ四国には行ってないわねぇ♡」
あ、留守番組が何か仕掛けてきたw

ま、その辺は日々の生活で培われるインスピレーションに任せるとして……そろそろこの長話にも終止符を打ってやるとするか。
それでは諸君、また会いましょう!
さらば!(`・ω・´)ノシ
リツ「またね~♪ (*´∀`*)ノシ」
Lily「バイバイ♡ (⌒▽⌒)ノシ」
凛々子「さらばです~☆ ( ´∀`)ノシ」


夢の架け橋です。誰がなんと言おうと夢の架け橋です。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. めー より:

    観光地なくとも自然と橋。これ眺めるのが良いんですよね。 いい所じゃないですか。岐阜よりなら少し興味出てきます!

    まだ梅雨始まったばかりなのでゆったりしましょう。

    • GoriasHami3 より:

      お、興味湧きましたか?
      愛知県からだったら九頭竜湖は日帰りできそうな所ですね。リフレッシュがてら行ってみるのも良いかも知れません、トラック多かったけどw
      今年は梅雨入りが遅かったですね。これが終わったら地獄の夏が始まります……
      それまではまあ、ゆっくりしていきましょう♪