リツちゃんと全国制覇(6/47)!島根県にて初詣!2日目

光の速さで1月を終え、仕事も一段落ついたので超特急でブログ記事を書いておりますはみ☆ㄘんです。読者の皆様は元気にやっていますでしょうか?
凛々子「ご飯をちゃんと食べてぷくぷく太っていますか?」
Lily「夜はちゃんと寝て金縛りにあってる?」
リツ「何でそんな変な事聞いてるのよ!?!?」


マジでどこにでもあるな、この恋占いw


島根県初詣旅行2日目!

さて、もう2月になってしまったが、1月に行った島根県の旅行2日目をお送りしよう。
今回訪れたのは出雲大社!

……と、その他諸々である。
凛々子「物凄い端折りっぷりですっ!?」
リツ「出雲大社がメインであとはオマケだから……」
初詣が目的だしなw

まあ、基本的には出雲大社がメイン。後はオマケって感じ。
だって、行くトコ無いんだもん……(´・ω・`)
Lily「あっても遠すぎたりねぇ…」
リツ「流石に西方面に車で2~3時間とかはちょっと……」
家に帰るのに8~9時間かかってまうw

という事で、早速始めたいがその前に!
1日目はこちら

リツちゃんと全国制覇(6/47)!島根県にて初詣!1日目

尚、今回は久々に10000文字を越えちゃったので、面倒だと思ったら×ボタンなり何なりでテキトーに離脱しちゃってくださいwww
リツ「行くトコ無いのに何故かブログは長い…」
Lily「写真をいっぱい撮ったからかしら?」
でも東京より少ないっすよ?

では、前置きもこれぐらいにして、島根県2日目開始します。

早朝から出雲大社に!

※全てお参り後の写真です。

今回も今回とて不必要なまでに早起きをしてしまい、本日のメインである出雲大社に着いたのは何と7時40分ぐらい!!

リツ「いつもと枕が違うから寝付けなかったか……」
Lily「5時30分にはもう目が覚めてたものね」
しかも二度寝までかましましたwww

当初の目的であった初詣を早々と終わらせ、人が多くなる前にちょこちょこ写真を撮っていくスタイル。初詣後に写真撮ってるのでだいたい8時過ぎぐらいか?

神聖なる神の御殿を写真に収め、日記(ブログ)に書き記す程度で罰など当たらんだろう。
そもそも、そんな俗物を称えるぐらいなら猫カフェに行ってお猫様を称えるわw
リツ「お猫様の下僕たる哀れな人間よ……!」
Lily「全てはお猫様の御心のままに……!」
お猫様には勝てませんw

さて、たまに神社仏閣を根城にしているお猫様を見かける事があるが、ここ出雲大社ではどうなのだろうか?

リツ「マスター、目的が猫にすり替わってるわよ?」
Lily「本来の目的を思い出しなさい」
リツちゃんで(*´Д`)ハァハァすることですね?

リツちゃん(*´Д`)ハァハァ♡はいつでもできるし、お猫様にお参りに来た訳ではないので平常心にて参道を歩いてゆく。

しかし……今日も風が強そうだ。
Lily「うふふ……♡」
リツ「り、Lilyの髪がアップを始めている……!」
来るか逆髪のLily……!

ま、海が近いので浜風が吹いているのでしょう。そんな事は意に介さずテキトーにお散歩♪

流石に朝の8時ぐらいだから人がいないw
リツ「月曜の朝に神社でお参りする人なんて少ないでしょ?」
Lily「普通は来ないわよねぇ……?」
近所住民の朝のお散歩コースな予感。

境内には何だかよくわかんない物体石像が多い。

そしてうさぎのモニュメント。何故か知らんがいっぱいあるw


石像ではなく、リアルうさぎに会いたければ広島県の大久野島に行きましょう☆
リツ「そこで突然の宣伝!?」
Lily「しかも私達に何の得もない方向で」
逆に何をしたら我々にメリットがあるのか…?

そういや奥の石碑(?)にもうさぎの像があったな。

Lily「きっと、いにしえの神様はうさぎさんLONEだったのよ♡」
リツ「ウサたんで(*´Д`)ハァハァする大国主大神……」
最高峰の国津神に対して何たる不敬w お朕朕ランドよりマシw

後は、こんな神様の像?

リツ「このよくわかんない物体は波かしら?」
Lily「世間の荒波は厳しいという事を示唆しているのよ」
絶対違うw

その辺の物体をおおかた見て回った所で、いよいよ本命へと向かいましょう。まず見えるのは銅鳥居と拝殿!

リツ(実はさっき来たんだけどね…)
俺氏(初詣終わった後に写真撮ってるからな)
この時点で出雲大社2周目ですw

ここで突然の交代です。

2周目なのだが、この2人はまだ初詣をやっておりません。
俺氏は2回目になるが、せっかくなのでもう一度参ってやろう。

凛々子「アレは本体ではありませんね!凛々子にはわかります!」
Lily「観光ガイドに書いてあるものねw」
そう、言うなればアレはボス戦前の中ボスみたいなモノだ。

この拝殿はDQ3でいうキングヒドラのようなもの。前哨戦にすぎないのだ!
だからこのまま奥に向かい、今度はバラモスブロス八足門と対峙!

この門の奥には御本殿があるのだが、我々のような下々の者が行けるのはここまで。ここからは神に選ばれし勇者のみが入ることを許される聖域である。
Lily「私達にはゾーマと戦う資格が無かったのね……」
凛々子「みんな遊び人になれば行けますよっ♪」
遊び人4人でゾーマまで行けるのか……?

そういう事なので、その辺の村人Aたる俺氏は御本殿の周りでも歩いて気を紛らわせるとしよう。

Lily「あら、奥にも何かあるのかしら?」
凛々子「行ってみましょう村人Aさん!」
やかましいわw

壁の向こうにそびえ立つ御本殿……あそこには一体何があるのだろうか?

凛々子「きっと、魔王の世界への入口があるんです」
Lily「魔界への扉……!」
指輪とかオーブみたいなキーアイテム持ってないよ?村人Aだしw

そんな魔王とは無縁の村人Aたる我々はただその辺を歩く事しかできません。そして御本殿の裏、ここにも何らかの社が。

そういやここにもうさぎの像ありますね。


凛々子「きっと、出雲の神様はうさぎさんが大好きなのですね」
Lily「さっきも言ってたウサたんで(*´Д`)ハァハァ♡する大国主大神様ね」
嫁の須勢理毘売(スセリヒメ)かもしれんよ?

そのまま御本殿の裏側をのそのそと歩いていく。

凛々子「ビックリするくらい人がいませんねっ!」
Lily「観光名所も平日の朝はこんなものよ」
平日の朝に人が多いのは電車ぐらいだろう。どこも多かったなw

こりゃすげーおみくじの数だなwww

凛々子「これ、古いおみくじとかどうしてるんでしょう?」
Lily「燃えるゴミ……?」
境内で供養してるんだよ、たぶん……

1周回ってキングヒドラとの戦場拝殿へと帰還。

Lily「まだそのネタ引っ張ってたのね…」
凛々子「パンツマスクの勇者さんはどこですか?」
天に召されたよw

そういや銅鳥居の横に牛と馬の像がありましたね。みんな触っててツルッツルになっておりましたが。

凛々子「馬と鹿じゃなくてよかったですね」
Lily「ええ、それはもう本当に……」
盛大にネタにされそうな予感w

横にある神楽殿にもお邪魔しましょう。

ここも拝殿と同じようなしめ縄が。
凛々子「コレどうやって作ってるんでしょうね?」
Lily「島根県民の弛まぬ努力の結晶よ」
流石に工場では作っとらんやろ。

さて、でっかいしめ縄がチャームポイントの神楽殿にお祈りを済ませたので次に行きましょう。

つっても、すぐに駐車場なんですよね。
Lily「最初に来た時より車が増えてるわね」
凛々子「どうして皆さんトイレに近い所に停めてるんでしょうか?」
我慢できなかったんだよw

リツちゃんと稲佐の浜へ!

一旦車に戻り、リツちゃんと交代したら、今度は稲佐の浜に向かう!

地図を見る限りでは約1kmぐらい離れている模様。でも駐車場があるかどうかわかんないので歩いて行こう。
リツ「1kmぐらいどうって事無いでしょw」
俺氏「そらもう宮島とかに比べりゃねw」
1kmが3kmぐらいに感じられた魔の島w

駐車場の前にそば屋が立ち並ぶ所はさすが出雲と言ったところか。

出雲そばはお昼ご飯にとっておいて、そろそろ行きましょうか。


リツ「意外と歩道は広いわね」
俺氏「俺みたいに歩く奴が多いのかもしれん」
仮にも観光名所だしな。

途中、奉納山公園なる散策道があるのだが、今回はスルーさせていただく。

リツ「寄り道して思わぬ時間を食った事は数知れず…」
俺氏「つか、山登りは勘弁w」
帰りの為に体力を温存しとかなアカンねん。

稲佐の浜に着いた!

出雲大社から20分ぐらい歩いて稲佐の浜に到着!
こんな駐車場あるなら車で来ればよかった……(´Д`)

リツ「ちょっと、風強くない?」
俺氏「砂嵐が目に……(´;ω;`)」
風ヤバイw

海岸はかなりの荒れ模様でウィッグが飛んでいきそうな勢いだが、撮影を止める訳にはいかない。ふむ……どうやらアレがメインの物体ですな。


リツ「ちゃんと弁天島と呼びなさい」
俺氏「島には見えませんな」
岩ですよ、コレ。

さて、ここは神様が上陸なさるパワースポットみたいなので、俺氏とリツちゃんだけがその恩恵にあずかる訳にもいくまい。
……なので、Lily殿凛々子氏も召喚!

しかし風が強いな……
凛々子「あー!イケマセンお客様!アーッ!アーーッッ!!!」
リツ「凛々子の髪が大変な事になってる……」
1人だけ風の影響をモロに受けてるw

ではキミ達もあのよくわからない物体弁天島の所まで行ってみるか。


凛々子「パワースポット……何だか力が湧いてきます!ぬぅん!」
Lily「マスター、筋トレのゴールデンタイム突入よ!」
マジで!?!?

この暴風は神々のパワーなのか?
その荒れっぷりが海にも表れておりますw

凛々子「この風に負けないパワーを生み出すための修行スポットなんですね」
Lily「それがこのパワースポットINASA……奥が深いわ」
古代の神の試練だったか。

さて、古代の神云々はともかく、猛烈な風で髪がエライ事になってるので早いとこ立ち去りましょう。

凛々子「髪がボサボサになっちゃいます!代わりのウィッグを要求します!」
Lily「残念だけど持って来てないのよ……」
全く関係ないけど、機会があったら凛々子氏をイメチェンしてみようか?

そう言えば、「国譲り神話」の舞台とも言われる「屏風岩」が近くにあるみたいだが、記憶の片隅にも無かったので行っておりませんw
リツ「よくある事w」
Lily「次に来た時の楽しみに取っておきましょう♪」
次があるのか……?ドルツーならワンチャンw

さて戻りましょう。

神迎えの道なる道を通って帰る!

ここから出雲大社に戻るわけだが、来た道をそのまま帰るのは芸が無いので、神迎えの道とかいう御大層な名前の道を通って戻りましょう。

という事でLilyさん、出雲大社まで夜露死苦♪
Lily「YRSK」
俺氏「型番みたいな挨拶だな」
どっちかと言うと糸コンニャク。

神迎え……?

とまあ、神迎えの道に来てみたのだが、どう見ても住宅地ですな。

道を間違ったんじゃないかと思いつつ何度も地図を見直したが、やっぱりこの道で間違いない。御大層な名前が付いているが何てことはない、ただの道だ。


しかもここ、狭いくせに車が結構通るので歩きにくい事この上ない。
Lily「車迎えの道と改名すべきかしら?」
俺氏「神も車で来るから無問題」
そして黒塗りの高級車に追突してしまう。

途中、手銭記念館に立ち寄ってみたが、特に見る物は無いので早々に立ち去る。

Lily「見るもの以前に何もないわね……」
住宅街やからしゃーない。

また20分ほど歩いて、ようやく出雲大社前まで戻ってきた。

Lily「お疲れ様。そろそろ交代かしら?」
せやな。

ここからは凛々子氏!

ここまで結構歩いてきているので、出雲大社前の土産屋で凛々子氏にバトンタッチ!
ああ、強風で髪が乱れてしまう……

凛々子「凛々子は乱れるオンナです♡」
俺氏「主に髪がw」
代えのウィッグ用意したらんとなぁ…

さて、凛々子氏とは出雲大社前の大通りっぽい所を歩いて行こうか。

凛々子「商店街ですね、何があるんでしょうか?」
俺氏「出雲だからそば屋じゃね?」
偏見に満ちた物言いであるw

やはり朝だから人は少ないのか……車も普通に走ってるしな。

出雲大社前駅!


凛々子「思ったより小さいです!」
俺氏「ま、田舎だとこんなもんでしょ」
天橋立とかも駅小さいしな。あれでも建て替えて大きくなったんだよ。

中に入ってみると……

うん、1時間に1本ですか。
凛々子「ここの電車さんはのんびり屋さんですね♪」
俺氏「3~4分に1本来る山手線とは大違いだw」
それでも混雑する東京って一体……

ちょうど電車が出る時間だったので待合室から電車が見えました。え、自動改札?そんな便利なモノがあると思うなよ?

俺氏「島根県は松江駅や出雲市駅とかに自動改札機があるとか」
凛々子「凄いです!近代的ですねっ!」
ウチの地方はまだ無い……(´・ω・`)

そして、一番端っこにあるオレンジの電車は現役の電車ではなく、ただの展示物。
駅の外から自由に入れるのでトイレ休憩がてら侵入してみますかw

凛々子「日本最古クラスの電車みたいです!古いのは神様だけじゃないんですねっ!」
俺氏「古き神々の地は古き電車の地でもあった……?」
でも町並みはそこまで古くないっぽい?

では、電車の中にお邪魔しま~す。ふむ……

何か、広島や札幌の市電を思い浮かべるな……
凛々子「これは市電じゃないんですか?」
俺氏「違うと思うw」
しかし、このサイズで満員にはならないのだろうか?

じっくり見て回ったが、何てことはない。
ただのレトロな電車でした。

凛々子「この電車、マスターさんより年上ですね?」
俺氏「俺、新幹線より年下やで?」
それはそうでしょうw 1964年…

旧大社駅に行ってみよう!

この先はもうお店とかあまり無いのだが、旧大社駅があるそうなので行ってみよう。

大きな鳥居!


凛々子「ここで商店街が終わっちゃいますね」
俺氏「こっから先は一般道だな」
歩道狭い……(´・ω・`)

大きな鳥居を越えて、かな~り歩くと……

ようやく旧大社駅の看板が。
いつまで経っても着かないから道間違ったのかと思ったわw


凛々子「横に駐車場がありますね」
俺氏「車で来ればよかった……」
出雲大社前駅から20分ぐらいは歩いた気がするw

ここからはリツちゃんも!

さて、稲佐の浜からお休みだったリツちゃんもそろそろヒマを持て余してる頃なので、凛々子氏と共に旧大社駅を見て回る。

凛々子「リツさんを差し置いて凛々子が前に来るのですか?」
リツ「大きさ的にそっちの方が持ちやすいのよ」
だから一番小さい凛々子氏は常に前に来る。

さて、旧大社駅の内部は……あ、意外と整えられてる。つか、職員さんもいるぞ?

リツ「JRの職員かしら?」
凛々子「職員さんは今風の服を着てますね」
流石にそこまではレトロじゃないでしょw

そして、これまた味のある料金表が。
つか、通るルートによって運賃変わるのねw 南へ行くか東へ行くか。

では、駅のホームに入ってみましょう。
もう一度言うが、自動改札機などという便利なモノは無い!


リツ「そりゃ廃止された駅なんだから当然でしょ」
凛々子「諸行無常ですね」
盛者必衰の理をあらわす……

当然、電車は来ないので線路内にも入れる。線路を歩くのは小樽以来だな。

リツ「でも小樽ほど長くはないわね」
凛々子「樽がどうかしましたか?」
樽の話にシフトしような予感w

俺氏は樽については何も話せないのであしからずw
さて、奥に停めてあるあの黒い電車のところまで行ってみるか。

途中の看板。おお、出雲大社まで1.6kmもあるのか……
リツ「つまり、駐車場までは2kmぐらいある……と」
凛々子「やっぱり車で来たらよかったですね」
ホンマその通りですわ。

しかし、歩いて来てしまったのはもうしょうがないので、ひとまず目の前の黒塗りの高級車黒い電車に意識を集中させよう。

ではいざ内部へ……ってアレ?
この運転席っぽい所だけですか?


リツ「マスター、入り口とかが見当たらないわよ?」
凛々子「ここも選ばれし勇者さんしか入れないのですね!」
ただのでかい模型である可能性がw

そういう訳なので車内には入れませんでした。
ま、こんな事もあるよねw

リツ「ええ、よくある事ね」
凛々子「運命はかくも残酷なのですね…」
しかし、俺氏は運命に抗う!

さて、他に見るものはあまり無いので、そろそろ戻りましょうか。

帰りは改札口を通って……


駅の正面に戻ってきました。
凛々子「お疲れ様でした♪」
リツ「さあマスター、キリキリ歩きましょうねw」
今日歩きっぱなしやで……_(┐「ε:)_

リツちゃんと一緒に戻ります!

さて、ここからはリツちゃんと一緒に出雲大社に戻りましょう。
ああ……駐車場まで2kmぐらい歩くのか。

リツ「マスター、今日5kmぐらいは余裕で歩いてるわね」
俺氏「出雲大社しか駐車場ないと思ってたんや……」
田舎ですもんな。

では、出雲大社まで頑張って歩きましょう。

リツ「ついでにお昼ご飯も食べてきたら?」
俺氏「商店街入ったらテキトーなそば屋入ろう」
せっかくなので出雲そばを食してやる!

途中、道の駅があるのだがスルーの方向で。
これはちょうど信号待ちの時に撮った出雲阿国像。

……と、対面の駐車場にあった謎の壁画。
リツ「何かを引っ張ってる……?」
俺氏「地引き網」
神の加護で大漁の予感w

風が強くて髪が吹っ飛ばされそうになりながらも、商店街入り口の大きな鳥居まで戻ってきました。

そして、現大社駅出雲大社前駅。
そういえば行きでは全景を撮ってなかったなw


リツ「もう11時回ってるけど、それほど交通量は多くないわね」
俺氏「松島なんか渋滞してたのにな」
やっぱアクセスのしやすさが違うから…

そして、テキトーなそば屋に入り、出雲そばを堪能。
このブログにグルメ情報が出るなんて天変地異の前触れか???

リツ「いっつも牛丼屋やスーパーのおにぎりで済ませてるから……」
俺氏「今日の朝もイオンのおにぎりだったなw」
たまにサンドイッチも食べるよ?

まあ、出雲そばは普通にそばとして美味かったです。
兵庫県には一字違いの出石そばなるモノがございますので、こちらも是非♪

リツ「出石は確かにそば屋多いけどアクセスが……」
俺氏「ここ以上の田舎やし電車通ってないのが致命的すぎる」
バスか車かバイクツーリングで。

まあ、ここは出雲なので出石の話は置いておきましょう。
出雲大社まで戻ってきたので邪魔にならない所で記念撮影♪

凛々子「ムダに階段が広いですねっ♪」
Lily「でもお正月になると人で埋まるんじゃないかしら?」
人が少ない土地とは思えないくらい混雑しそうな感じ。

では、そろそろ出雲大社からオサラバしましょうか。
しかし、もうお昼時なんだがビックリするぐらい空いてるなw

あ、でも駐車場はもういっぱいになってるw


リツ「観光バスも増えてきたわね」
俺氏「見覚えのあるバスもチラホラ……」
阪急バス無いなw

日御碕に行ってみる。

さて、出雲大社の後は出雲の果て「日御碕」に何となく行ってみた。

そして着いたのは全身朱塗りの超絶に目立つ日御碕神社!


あ、ここにも大きいしめ縄が!
リツ「出雲のジンジャーは全部こうなのかしら?」
俺氏「そうかもしれん」
ヒョーゴスラビアには無い。

そして、海辺だからなのか、風が物凄い!
Lilyさんの髪がもうエライことになっておるw


Lily「こ、これは……過去最高クラスね」
俺氏「後でセットし直さなきゃ…」
カツラが吹っ飛びそうな勢いw

あとここ、カモメがメチャクチャ多いな。
港を埋め尽くすカモメの群れw

さて、それはそれとして、何だか観光所っぽい駐車場まで移動。
奥に見える白い灯台を目指します。



凛々子「おや、今度は凛々子ですか?」
順番ですので。

こういう所に来ると、つくづく凄え所に住んでるなって思う。

凛々子「どうやって生活してるんでしょうね?」
俺氏「自給自足……」
かも知れん、お店無いし。

とりあえず灯台まで来ました。

灯台とは別の道だが、整備中で通行止め。


凛々子「工事ってどこでもやってるんですね」
俺氏「今まで行った所で工事してなかった所の方が珍しい」
観光に行ったら必ずどこか工事していると思え。

写真ではわかりにくいが、海の水が青い!
これぞまさにハワイアン・ブルー!

しかし、ここは島根県なので風が凄いです。凛々子氏の髪が怒髪天を衝いたかのように荒れ狂っておりますw
凛々子「凛々子も逆髪を習得しました!」
俺氏「髪が絡まるから控えてください」
しかし、風は留まることを知らない。

そんなこんなで灯台に到着!

では帰ろうか。
凛々子「灯台には入らないんですか?」
俺氏「高い所はもういいです」
東京タワーで代用できるもんなw 暴論すぎるw

以上、日御碕からお送りしました。

凛々子「具体的にはここに何をしに来たのでしょう?」
俺氏「最果ての地を求めたのだ」
そこに山があるから登る的な理由w

お次は水族館に!

自然館ゴビウス!

さて、出雲の果てから今度は宍道湖まで戻り、ゴビウスとかいう水族館に足を運んでみた。


その自然館ゴビウスはここ宍道湖ネイチャーランドの一部に過ぎない。
リツ「まるでゼビウスみたいな名前ね」
俺氏「俺より年上のゲームが出てきた……」
実はあまりプレイした事が無いw

このゴビウスとかいう水族館は島根県のでっかい湖、宍道湖や大根島のある中海に住んでる魚介類などの生物を展示しているとか。

入り口にて500エンを支払い、内部へと侵入。
人がいなさすぎて最早貸切り状態w


リツ「こんなトコ、車でしか来れないでしょ?」
俺氏「近くに駅があったよ?」
田舎には珍しい駅近スポットw

とは言え、こんな所にわざわざ電車で来る物好きはいないでしょうw
それはさておき、足元を見ると魚が泳いでいる。

リツ「下が水槽なのかしら?」
俺氏「もしかしたら湖に繋がってる可能性が…!」
無くもないw

中はまあ普通の水族館。
ただ、ここにいる魚は全てその辺宍道湖で泳いでる魚である。

普通に焼いたら美味そうな魚たちが泳いでますなぁ~♪
リツ「今日の夜はお魚かしら?」
俺氏「たぶんコンビニのパンかおにぎりで終わると思う」
どう頑張っても帰る途中になるからな。

とか思ってたらこれだよ!
七珍って何だよ、七味の間違いじゃないのかwww

リツ「ここの魚たちは県民達の食卓に貢献しているのね…」
俺氏「うなぎは普通に美味そうw」
絶滅危惧種でも容赦無し!美味しさには敵わないw

その後も水族館をズンズン突き進む。

お、何だか休憩所っぽい所に来ましたね。
リツ「…ということは、ここで展示の大半は見て回ったわけね」
俺氏「少々狭いが、500エンならしゃーない」
宮島の1400エンに比べたら……

お二人と交代です。

ちょうどいいので、ここでLily殿凛々子氏と交代。

Lily「何気に水族館は初めてね」
凛々子「奇遇ですね、凛々子もです」
だいたいリツちゃん1人の時だからなぁ。

ほう、ザリガニを手掴みできるのか……

こちらは松江城にいる外来種とかそういうの?

ああ、さっきの宍道湖七味七珍が……


Lily「調理後の姿が展示されてるのは珍しいわねw」
凛々子「マスターさんの今日のご飯でしょうか?」
いや、休憩がてらコンビニ寄ろうかと…

外来種も容赦なく食卓に上げる島根県民w

ザリガニって食材だったのか……
凛々子「ものの見事に茹でちゃってますね」
Lily「あまり食べたいとは思わないけど……」
ホントに海老の味なら食えん事も無いが。

さあ、そろそろ休憩室も見飽きたので先へ進もうか。

しかし、こんなでっかい魚どもがすぐそこの湖で泳いでるのか。
Lily「普通に漁とかやってそうね」
凛々子「スーパーに行ったら売ってますでしょうか?」
そこは魚市場じゃね?

程なくして出口に到達。
やはり休憩室までで全体の8割ぐらい行ってたか。

凛々子「ちょっと物足りないですね。逆走しましょうか?」
Lily「そうね、他の場所も見てみたいし」
再入場は可能らしいが…?

最後は園内をのそのそ…

さて、この水族館はいくつかある施設の一つに過ぎないので、ちょっとその辺を歩いてみましょうか。

工事中!残念でしたwww


Lily「もはや様式美と化してるわねw」
凛々子「今日行った所、全部工事していましたね」
間の悪い時に来とるよなぁ…

もういいです、テキトーにのんびり歩くのです。_(:3」∠)_

凛々子「あまりの工事の多さにマスターさんのやる気が失われました!」
Lily「マスター、あとちょっとだから頑張って!」
(๑•̀ㅂ•́)و✧!

とは言え、時間的にそろそろ帰らないとヤバい所まで来ているので、どういう所かを見て回る程度に留めておく。

Lily「それにしても、人っ子一人いないわね……」
凛々子「そこの野鳥観察舎で閑古鳥さんが鳴いていますよ?」
誰がうまいこと言えとw

そして、最後に宍道湖をバックに記念撮影!

まだ空は明るいのだが、帰りも来た時と同じ時間……つまり、5~6時間はかかるので、仮に16時だったとしても家に着くのは21~22時……(´・ω・`)


リツ「ま、のんびり帰りましょ」
俺氏「K察の集金に捕まらない程度にはね」
田舎道はたまに居るから油断できん。

それでは、さらば島根県よ!
今度行く時はバイクだぜヒャッハー!!

無事故で無事に帰宅!!

そして、大方の予想通り、自然館ゴビウスを出てから5時間ぐらい経った午後21時ぐらい。
我々はみ☆ㄘん探検隊は愛しの我が家へと辿り着きました♪

凛々子「は~、やっぱりいつものオフトゥンはいいですね~♪」
リツ「アンタ、靴ぐらい脱ぎなさい」
それボクのオフトゥンなんですけど?(´・ω・`)

しかし、俺氏はまだ旅行での謎のテンションアップが残っていたため、勢いに任せて合法ドラッグ「ストロング・ゼロ」に手を出す!

リツ「ま、たまには晩酌もいいわね」
Lily「マスター、飲みすぎたらダメよ?」
大丈夫、このドラッグ1本で終わるからw 危険な酒だ……

旅を終えて。

ちゅー事で、今年最初の旅は終了!
特にこれと言ったトラブルや怪我もなく、無事に帰ってこれた俺氏の幸運に感謝するが良いwww

リツ「ま、事故らなかった事は褒めてあげるわ」
Lily「安全運転が一番よね」
とりあえず後ろから煽ってくる奴に向けてミサイル撃ちたい。

今回の旅をまとめると、1日目は松江市、2日目は出雲大社を含む出雲市の観光って所か。
当初の目的であった初詣も無事に済ませたので、たぶん今年も良き1年になると信じよう。
凛々子「信じる者はスクワットですね♪」
Lily「インド人もビックリだわw」
ヒンズースクワット30回な。

そして、今回は2019年最初の旅行なので初めて全員連れて行ったのだが……やっぱ3人はしんどいですなw
リツ「移動が車じゃないとできないわね」
Lily「あと、入れ替えにも時間がかかるし」
覚悟を決めて行かないとアカンw

あと、やっぱりというか何というか、島根県って何も無いなぁ……旅行ガイド無かったらマジで出雲大社だけで終わってたわw
凛々子「ド田舎旅行の必需品ですねっ♪」
リツ「旺文社の人たちに感謝しなさい」
今回はまっぷるさん大活躍でしたw

という訳で、白地図に塗り塗りしていきましょう。

Lily「さて、次はどこになるかしらね?」
リツ「たぶん中部か九州辺りになると思う…」
その答えは↓

次回は九州?

上の地図を見ると、中部・東海地方と九州地方が未踏破なのだが、中部地方は雪が激しいので九州に行こうかと思ってる。
凛々子「九州と言えばラ・メーンですね♪」
リツ「何その仮面ライダーに出てきそうな謎の料理は」
カブトか……

なので、また2月の半ばか、もしくは月末になりそうな気がしないでもないが、九州の何県に行くかぐらいは決めておいた方が良いですな。
リツ「それならさっさと旅行ガイドでも買ってきなさい」
Lily「何があるかわからないから、まずはリサーチよ」
旅行ガイド本も種類が多くてなぁ……(;´∀`)

Lilyさんの誕生日も忘れずにw

だが、次の旅行の前に!

2月5日はLily殿の誕生日である!

実はこのお話を書いている時点でお誕生日プレゼントは既に用意しており、後は写真撮ってブログを書くだけなのでキリキリ働くのですはみ☆ㄘん氏!

Lily「あら、今年は何を用意してくれたのかしら?」
リツ「大阪行ったり神戸行ったりしてたみたいだけど……」
それは当日のお楽しみでw

では、久々に長いお話になってしまったが、ここまで付き合ってくれてありがとう。こちらもLily殿の誕生日に向けていろいろ準備をせねばならないので、本日はこの辺で失礼する。
さらば!(`・ω・´)ノシ
リツ「またね~♪ (*´∀`*)ノシ」
Lily「バイバイ♡ (⌒▽⌒)ノシ」
凛々子「さらばです~☆ ( ´∀`)ノシ」


出雲うどんというのは初めて聞いたw


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. めー より:

    おー!きたきた!出雲大社のでかいしめ縄すごいのです!4人とも風が強い中お疲れ様です。
    皆さん楽しそうで何よりです(◍˘ω˘◍) 水族館まで撮影出来ていい一日を過ごしたご様子で♪って、皆食い物の話しかしてねーじゃねえか!(╬⊙д⊙)
    今回もとても楽しませていただきましたー!

    • GoriasHami3 より:

      ありがとうございます、楽しんで頂けたようで何よりです♪
      水族館は……仕方ないんですよ。まさか調理後の姿や食卓を彩ってる旨を伝えてるとは思ってませんでしたからwちょうど小腹が空いてた時でしたしw(←オイッ!!)
      そして出雲大社。初めて行きましたが、しめ縄も含めていろいろと大きかったです。車とは言え、全員連れて行くのは大変でしたが、その分楽しみも大きかったです。
      また全員でどこかに行きたいですね!