Lily殿のドールメイク、3回目!……とちょっとだけアイドールw

はみ☆ㄘんの記事がブログにアップされました。

続きはこのまま下に進んで下さい。
From:はみ☆ㄘん
リツ「また迷惑メールみたいな事を……」
Lily「そろそろメールボックスを掃除しなきゃいけないわね……」
凛々子「驚きの白さの洗剤の出番ですねっ♪」
頼むからパソコンを洗剤で洗うなよw


今回はアイドールもちょっと混ぜてます。


Lily殿のメイク!……の前に?

さて、本題の前に。
本日10月12日はリツちゃんの元となった「波音リツ」の誕生日である!

なので、今年も我らはみㄘん探検隊からも祝福の歌を……!

リツ「はいはい、去年と同じ……しかもつまらんネタをやらない!」
凛々子「リツさんは筋肉の音頭はお嫌いですか?」
たぶんお嫌いなのだろうw

という事なので、波音リツの持ち物である白菜をリツちゃんに差し上げますw

リツ「あれ?丸々1個じゃないの?」
Lily「今の御時世、野菜が高くて……(ノД`)」
4分の1で198円ですよ先生!

は~、波音リツドールを求めてカスタムしたら今のリツちゃんができた訳だが、やはり公式衣装が欲しいですよね……
リツ「その為にキリキリ働きなさい!」
Lily「全国制覇の旅を止めればお金が浮くんじゃないかしら?」
ダメです、それではブログのネタ思い出が作れません。まだレベル1だしw

それでは本題に参ります!

さて、前座はこれぐらいにしておいて、今回のお話に入りましょう。
今回のお話は…

Lily殿のメイク!

前回やったリツちゃんのメイクからおおよそ3ヶ月。
Lily殿単体としては実に1年3ヶ月ぶりとなるメイクである!
リツ「昔は3ヶ月に1回ペースだったのに……」
Lily「あら、私は半年に1回だったわよ?」
だんだんメイク間隔が長くなってゆくのですw

メイクが落ちてる……?

いやまあ、1回目のメイクが厚化粧だったから2回目は薄めにしたんですが、流石に化粧が薄すぎたせいかパステルメイクの方が落ちてきてですね……

最近の写真とか見てるともう完全にすっぴんですよねLilyさん?


リツ「なんつー写真を……」
凛々子「凛々子も後ろのアレ、やってみたいです」
上と下、どっちで?

ゑ、あんまり変わってないって?
それはカメラのせいだ。実物のLily殿はメイクが落ちてて、まるですっぴんのような状態なのです。
凛々子「いえ、ナチュラルメイクかもしれません!」
Lily「まず可愛い顔を用意しないと成り立たないアレね」
そしてPhotoshopで加工w

それでは、メイク開始!

まずはアイライン……の前に?

さて、今回も今回とてヘッドはDDH-07、いつもと同じヘッドを使うのだが、今回はオビツアイではありません。

8月の仙台ドルパで入手した、とあるディーラーさんのお目々です。


リツ「思いっきり『とる亭』って書いてあるじゃない」
凛々子「凛々子のお目々とは別のディーラーさんですねっ♪」
赤色はもう無かったからな。

まずは服を脱ぎます削ります。

ヘッドにアイを合わせてみると微妙に合わないので先にアイホールを削る!
手持ちのアイサイザーは20mmと22mm。アイのサイズ的には20mmがいいだろう。Vカラーシンナーも忘れずに♡

リツ「いつもは忘れててメイク後にやっちゃうのにねw」
凛々子「マスターさん、成長しましたねっ♪」
いや、今回も忘れるところだったw 危ない危ないw

アイサイザーにVカラーシンナーを塗ってアイホールをゴリゴリ削る。
最初は20mmを使っていたが、微妙に合わなかったので22mmも使う。

まあ、何とかいい感じにフィットしているだろう。
凛々子「まるで、どんな隙間にもフィットしてしまう猫さんのようですね」
リツ「たまに一切フィットしてないのもあるけど…」
全ては猫様の思うがままに……!

アイラインの描画!

アイホール削りが終わったらヘッドの洗浄とコーティングを行い、一日待つ!
そして翌日、下描き終了!

リツ「早ッ!!ダイジェストもいいところだわ!」
凛々子「アイラインが真っ白だとなんか不気味ですっ!」
もう10回目ぐらいだから端折っていくよ!詳しいのが見たかったら過去記事に。

続いて本番!
今回もブラウンが光りますぜLilyさん!

という訳でアイライン眉毛は終了!
リツ「実に展開が早いわね……」
Lily「実際はすごく時間がかかってるのよね☆」
3ヶ月ぶりだから仕方ないね!

意外と苦戦するお口♡

アイラインを塗り終えたらお口の線を赤で描く!
昔は黒で描いてたけど、何となく赤の方がいい感じな気がするw

リツ「ここまでで1ヶ月ぐらい放置してたのは黙っておきましょう…」
Lily「アイドール、奈良旅行と忙しかったものね」
すみません……(;´∀`)

終わったらつや消しスプレーをブシューっと吹いてしばしの休息。
え、もう十分休んだって?

リツ「だって1ヶ月も……」
凛々子「いけません!それは凛々子のスリーサイズぐらいの機密情報ですっ!」
オビツ50のボディサイズは……と。機密漏洩w

休息中に……

実はリツちゃんの手が相当汚れている事に気が付いたので、ついでに汚れを落とす作業に入る。

写真だとわかりにくいが、結構黒ずんでいるんですよ?
凛々子「リツさん、理想のためにその手を汚してきたんですね……!」
Lily「ええ、誰も彼女を責める事はできないのよ……!」

そう、英雄というものは両の手を血に染める覚悟が無くば務まるものではない……!
リツ「度重なる外出で汚れただけよ!」
凛々子「外から帰ったら手を洗わないといけませんよ?」
うがいはせんけどなw

という事で、汚れた手をリキテックスリムーバーでマニキュアごとゴシゴシ!
おお、めっちゃ汚れ落ちるwww

凛々子「マスターさんの手もリムーバーで洗っちゃいましょう♪」
Lily「凛々子ちゃん、それは人体には毒なのよ」
もう臭いからしてヤバイw

一通り汚れを落としたらLily殿のヘッドと一緒に乾かします。

リツ「……昔を思い出すわね」
Lily「お迎え後の分解コーティングかしら?」
今にして思えば、やる意味があったかどうかは疑問w

パステルを塗る!

乾いたら次はパステルメイク!
まずは服を脱ぎます。マスキングをして唇をパステルで塗ります。

その後はほっぺや何やかんやで塗っていきます。
ボークスのSDメイク本はここで役に立つ!


リツ「模型用の筆が増えてる……」
Lily「人間用の化粧ブラシはちょっと大きすぎるのよね」
使えるものもあるけどね!全部100均だが

ついでにリツちゃんのお手々も塗り+つや消しコーティングもやっておく。

しばらく使ってなかったから色が……
リツ「全然違う…」
凛々子「一粒で二度美味しいですねっ♪」
違う、塗料が下で固まってたんや。

仕上げ!

さて、パステル塗りが終わったらいよいよアイの取り付け。
どんな顔になるのかな~?((o(´∀`)o))ワクワク

とりあえず仮止め。な~んか目のハイライトとかズレたりするんよね。意外とムズい
凛々子「それでもかなりの美人さんです!」
リツ「ブサイクにする方が難しいのでは……?」
造形が整ってるからある程度失敗しても可愛くなるんだよ!

鏡で確認しながら左右の目の位置を合わせ、グルーガンで完全固定!
レジンアイは熱に弱いからグルーガンは避けてね♡みたいな注意書きがあったが、ガン無視であるw

Lily「それでもひっつき虫で保護している辺り、気にはしているようね」
リツ「多めに使ったからそろそろ補充しないと…」
文房具屋とかにあるけど、見つけにくいのでアゾン行く。ヨドバシでもおk

そして完成!

……と思いきや、唇に艶を与えるのを忘れていたのでファレホのグロスヴァーニッシュを塗る!ついでにリツちゃんの爪にも塗る!

リツ「いっつも何か忘れちゃうのよね、この人は」
凛々子「マスターさん、さては認知症ですねっ?」
俺はまだ若いわwww

そして完成!
旧ヘッドと並べてみたけどどうです?同じ顔でしょw

Lily「まあ、うん……目が違うだけですものね」
凛々子「分身の術です!凛々子、どっちがどっちかわかりませんっ!」
よく見ないと間違えそうw

ご披露です♪

それでは、早速……Lilyさん、新しい顔よ!アンパンマンのノリでw
凛々子「きゃ~っ!とってもらぶり~です、Lilyさん」
Lily「うふふ、ありがと♡」
前より若干ロリっぽくなった気がするw

そして、リツちゃんのお手々もキレイキレイ♪
DD時代から積み重ねてきた汚れも全部落ちて新品みたいになりました。

リツ「マスターも手を洗ってからアタシたちに触りなさいよ?」
Lily「つまり、手を洗えばリッちゃんを触り放題……!」
また良からぬことをお考えのようですw

こうして、Lily殿3回目のメイク&リツちゃんの手洗いは無事終了しました♪
よし、これであと1年はメイクしなくて済むなwww ウソです冗談です

しかし、そろそろサイドバーの写真変えないとなぁ……
リツ「アタシ、まだ前のヘッドのままなんだけど……?」
Lily「マスター、面倒だと思うけどその辺はキチンとしなさいね」
はい……_(:3 」∠ )_

あと、ちょうど良かったのでリツちゃんの旧ヘッドと並べてみるw

リツ「まだあったのね……いい加減、何とかしなさいよ」
凛々子「メイクを落としてヤフオクへGO!ですねっ♪」
縮小実験に使ってもいいのよ?

付録:アイドール大阪行きました。

さて、Lily殿のメイクが終わり、一段落ついたところで、10月8日にインテックス大阪にて執り行われた【I・Doll West VOL.27】、通称「アイドール大阪」に行ってみた。

そして、メイク直後のLily殿を差し置いて、今回はこの2人を連れてきた!


凛々子「凛々子、9ヶ月ぶりぐらいのイベントですっ♪」
リツ「あれ?そんなに行ってなかったっけ?」
今年1月のドルミス以来かも。メインは大阪城w

今回はいつもの大阪ドームの廊下ではなく、まともな部屋のあるインテックス大阪!
……ということもあって、ちょっと((o(´∀`)o))ワクワクしていたのだが、人の数に対して通路が狭すぎて不快感全開だったので即離脱も考えたぐらい。

しかし、それでは何をしに来たのかわからないので、フリースペースを借りてちょっと撮影。
凛々子「ここの机はちょっと固いですね」
リツ「アンタ、昼寝しに来たんじゃないんだから……」
昼寝は電車の中でスヤァ……( ˘ω˘)…… そして乗り過ごすw

フリースペースは30分だけだったので、あっという間に終了。
その後はなんば・日本橋へ赴き、いつもの巡回ルートを周っていました。
リツ「ドルパに匹敵するディーラー数なのに会場の大きさは半分ぐらい……」
凛々子「人口密度の高いイベントでしたね♪」
ディーラー数減らして通路を広げよう!会場は悪くない

以上、アイドール大阪でした。
今後もインテックス大阪なのか、それとも大阪ドームに戻ってくるのかはわかりませんが、大阪ドーム名物(?)の美しいガスタンクをお目にかかれなかったのは残念ですね……


リツ「なぜマスターはガスタンクに心惹かれるのかしら?」
凛々子「ガスタンクに笑い、ガスタンクに泣く。それもまた人生ですね」
自分でも何言ってるのかちょっとわかんないw

次回は全国制覇の旅!

という事で、Lily殿のメイクとアイドール大阪、2つまとめてお送りしました♪
リツ「アイドールの方は取って付けたような話ね」
Lily「ブログにするほど話題が無かったのよ……」
1人で行くイベントなんざだいたいこんなモンよwww

そして、次のお話は「リツちゃんと全国制覇の旅・北海道編」である。
よもや3県目にして北海道に行くとは思わなかったが、これもまた人生。

Lily「何をしているのかしら…?」
凛々子「忍者ごっこです!」
時には支配者のように……!

北海道といっても、北海道の端から端まで行く訳ではありません。北海道初心者の俺氏はまず札幌と小樽を制して参りますw

Lily「関西からだと飛行機がねぇ……」
リツ「乗り継がないと最北端はムリか……」
函館や釧路も羽田乗り継ぎだったなぁ……_(:3 」∠ )_

なので、こんな駄文にかまけて北海道行きの準備を怠ってはいけないので、本日はこれにて失礼する。
さらば!(`・ω・´)ノシ
リツ「またね~♪ (≧▽≦)ノシ」
Lily「バイバイ♡ (⌒▽⌒)ノシ」
凛々子「さらばです~☆ ( ´∀`)ノシ」


リツちゃんに奉納した白菜の処理方法。鍋以外の用途がわからん…


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. めー より:

    Lilyさんかわえー!(๑•ㅂ•)و✧常に可愛いを追求していくその姿…あんた立派なドールおじさんや( ˇωˇ)
    私もいつか…いつかメイクをしてみたいとやっぱり感じました。

    • GoriasHami3 より:

      ありがとうございます!やっぱ自作だとついアレコレ追求してしまうんですね…もっと可愛くできそう!みたいな……
      メイクはまあ……簡単とは言いませんが、やってみたいと思うのなら挑戦したらいいと思います。道具類はボークスと100均で全て揃えられますので。
      とは言え、ちゃんとした道具を揃えると結構な額になりますので、まずはお財布と相談ですね……(;´∀`)

      あと、ボクㄘんはまだ若い(と思う)のでせめてドールお兄さんorドール紳士で……|彡サッ