リツちゃん達とビワイチ(琵琶湖を一周)してきたよ!後編!

どうもHami☆chinです。
リツ「波音☆リツよ」
Lily「Li☆iyと申します♡」
凛々子「R:々子ですっ!」
もう何がなんだか!


琵琶湖なだけにビワを売ってるっぽいw


琵琶湖ドルツー、前回の続きです!

さて、今回は琵琶湖ドルツー後編。
最低限の挨拶を済ませ、いつものような下らん前置きは無しにして早速本題に移るとしよう。
リツ「お、いつになく早い展開」
Lily「ここでダラダラと書くのも無粋なものよ?」
その通り。

ちなみに前編はこちら♪

リツちゃん達とビワイチ(琵琶湖を一周)してきたよ!前編!

最北端から南下!

舞台は奥多摩パークウェイを出た所から始まる。
ビワイチ(琵琶湖一周)を開始してから2時間、走った距離はわずかに10分の1以下とのんびりしすぎたので、急いで回る事に!

リツ「これ10分の1より短いんじゃないの?」
Lily「マスター、どんぶり勘定で物を言ってるから……」
10分の1ぐらいだと思ったんだよ!地図見たら思った以上に進んでなくてワロタwww

一方通行注意!

奥琵琶湖パークウェイを出たら、まずは県道512の峠道を下ってゆく。
高所から琵琶湖を眺めながら走れるものの、坂とカーブが多いので気を緩めるとコースアウトで死が待っています。

恐らく、琵琶湖周回に於いて唯一のグネグネ道。
道がボコボコだったり落石や落ち葉が結構あったり意外と走りにくい。
リツ「でも道は広かったわね」
Lily「元々片側一車線だったのかしら?」
そんな気がする。

尚、この峠道は一方通行。
長浜方面からは入れない上に謎のトンネルに連行されてしまうので反時計回りで来ている方は注意されたし!

リツ「これを知らずに反対側から来た人は多そうね」
Lily「マスターも前日まで知らなかったそうよ?」
前日にルート調べて初めて知ったw

道の駅に立ち止まるw

湖北水鳥公園……もとい、道の駅「湖北みずどりステーション」で一息。時間は大丈夫なのか!?

うん、まあ……遅い車が連なってストレス満点で走ってたので気分転換に、ね?
リツ「田舎ではよくある事」
Lily「追い越しはできるけど、2台までが限界よね……」
こういう時は諦めて立ち止まるのも一つの選択ですw

脇目も振らず、ひたすら南下!!

道の駅「湖北みずどりステーション」出た後はひたすら南下。とにかく南下!

長浜を突っ走り、米原を抜け、彦根で渋滞に巻き込まれた後、近江八幡をゆらゆら……
この時点で反時計回りの方が良いと言われているのがよくわかったw
リツ「彦根で大型車強制右折、そして渋滞……」
Lily「反対側はそんなの無かったから時計回り限定ね、アレは」
しかしバイクはすり抜けるw

一応、長浜辺りにそびえ立ってた仏像や彦根城は写真に収めておいた。
ちゃんと琵琶湖を周回している証拠としてw

リツ「今にして思えば長浜のお城も撮れたわよね?」
Lily「ええ、また今度連れて行ってもらいましょ♪」
しばらくは来ないかもw

補給が必要!

彦根辺りで燃料がヤバくなってきたのだが、何故か湖岸道路には給油所が無く、近江八幡に入ってようやく給油ができた。

つか、最北端から給油所を殆ど見かけなかった気がするが…?
リツ「単に見落としてただけじゃないの?」
Lily「あの時はまだ燃料が大丈夫だったから…」
まあ、大津までは持ちそうだったから良かったけど。

そして、近江八幡を越えた先の野洲市で俺氏は重大な事実に気が付く。

メシを食っていなかった!!

リツ「いつもの事でしょ?」
Lily「岡山の時ぐらいかしら、何か食べたのは」
スーパーでおにぎり買って港で食ったなw

という訳で、たまたま道端に建っていたローソンに駆け込み、コーラを1本キメる!

昼飯終了!

リツ「早ッ!!それだけなの!?」
Lily「ここまでグルメ情報の無いツーリングブログも珍しいわねw」
食ってるヒマがあったらバイクで走ってる人だからw

尚、野洲市まで下りて来て、かの有名な琵琶湖大橋も近いところまで来ているのだが、周りはまだまだ田舎ですw

しかし交通量は多い。ツーリングを楽しむには無理がある程度には車やトラックが走っている。
リツ「つか、トラック多すぎない?」
Lily「平日だからみんな働いてるのよ」
それでも休日より車は少ないか?

ようやく半周!

橋を通って折り返したいお…(;´∀`)

ローソンでコーラをキメた後、再びバイクに跨り、走り出す。
途中、琵琶湖大橋の前を通るが、今回は琵琶湖一周が目的なのでスルー。

ぶっちゃけ、ツーリングを楽しみたいのならここで橋を渡って折り返した方がいい。
ここから折り返して再び琵琶湖大橋に戻って来るまでほぼ市街地を通るので……
リツ「こっち側はまだ市街地じゃないけど……」
Lily「それも時間の問題よね」
ちなみに対岸は完全に市街地。

車の多い市街地に向かうという憂鬱な気持ちを抱えながら、烏丸半島のちょうど対面にある道の駅「草津」にて小休止。つかトイレ。

この時点で時計は15時ちょうどぐらい。まだ最南端まで行っていないものの、開始地点が今津浜水泳場なのでこの辺でようやく半周したぐらいか?


リツ「あれだけ走ってもまだ半周なの…?」
Lily「想像以上に長いわね…」
そら1周200kmあるからな。

ちょっと写真撮ります♪

せっかく道の駅に来ておいて何もしないまま出るのもアレなので、ちょっとだけ写真を撮ってみる。

土産に酒でも買って帰ろうかと思ったらお酒売ってなかったよ?何故?どうして?why???
Lily「そんなハズは無いでしょ。きっとどこかにあるはずだわ」
リツ「でも探す時間が…」
無いので土産はパス!

奥の風力発電みたいな物体、あの辺が烏丸半島かな?

ここを出た時の信号待ちで、何かいろいろありそうだなと思った。
リツ「じゃあまた今度…」
Lily「機会があったらね♪」
ルートに困るなぁ… 都会か酷道か…

市街地を乗り越え、再び琵琶湖大橋に!

楽しめません…

さて、道の駅「草津」を出たら、ツーリングを楽しむのは終わり。
何故なら、ここから先はほぼ全域が市街地だからである。

草津市は近江大橋辺りまではマシだが大津市は完全に市街地。それ故に車も多く走り辛いのでシティモードで突破を図る!
リツ「たまに暴走車が混じってるのは何故?」
Lily「GWの残り香かしら?」
GW盆正月は必ず暴走車を見るw

折り返し地点はここ瀬田唐橋。
何故かここを通らないとビワイチとは言わないなどという頭の固い御仁もいらっしゃるそうなので、ごちゃごちゃ文句を言われないよう、誇りを胸に通行致しました。

但し、交通量が多い上に時計回りだと右折になるので、とてもじゃありませんが証拠写真は撮れませんでしたのであしからずw
リツ「車多すぎて右折が大変!」
Lily「邪魔な物は全部消毒しなきゃ♡」
汚物は消毒だー!

道の駅「琵琶湖大橋米プラザ」に到着

道の駅「草津」を出て1時間強。ストレス満点の大津市街地を抜け、道の駅「琵琶湖大橋米プラザ」にて癒しを求める。

長い長い35kmだった……リツちゃん、後は頼んだ。_(:3 」∠ )_
リツ「頼んだって…アタシにどうしろっていうのよ?」
Lily「乗るのよ、バイクに!」
無免許運転待ったなしw

撮影します!

ここに着いたのはおおよそ4時過ぎぐらいだったか?
もうこの時点で明るい内に帰るのが不可能な時間帯だったため、のんびり撮影でもする事にw

Lily「人間、諦めが肝心なのかしら…?」
リツ「せめて明るい内に琵琶湖周回を終えましょ」
その辺はわりと大丈夫っぽかった。5月だし。

尚、ここは琵琶湖大橋の真横にあるので、真下まで行って眺めることができるが……


うん、明石海峡大橋には敵わんねw
リツ「アレと比べちゃダメでしょw」
Lily「いくら何でも規模が違いすぎるわよw」
これも結構距離があると思うんだけどなぁ。

道の駅の裏へ!

ついでに建物の裏側にも行ってみよう。

琵琶湖って波があるんやな。ちっちゃいけど。


小さいけど砂浜っぽい。水は意外とキレイ……なのか?
Lily「ちょっとよくわからないわね」
リツ「でも、南より北の方が水がキレイな感じがしたけど?」
長浜と大津だと明らかに長浜の方が綺麗。

ところで、何でこの橋ってまっすぐじゃないの?
登り坂なんか入れたら前の車が急に遅くなって迷惑なんですけど?

リツ「真っ直ぐの方が走りやすいのに何で?」
Lily「たぶん、実用性を捨ててデザインに走ったんだわ」
曲線が描く美しさ。

そうそう、表の公園にも変な像がありましたね。
……なんじゃこりゃ?

リツ「これがアートというものかしら…?」
Lily「私達凡人には及びもつかないところだわ…」
(。・ω・。)<ねー。

しかし、この辺はまだまだ市街地。
早く田舎に戻りたいよ~(;´∀`)

リツ「この田舎者!」
Lily「大丈夫よ、私はマスターが田舎者でも等しく慈悲を与えるから」
神は田舎者にもボケた老人にも等しく御慈愛を与えて下さるのです。生きる苦しみからの解放ですねわかりますw

ゴールに向かってひたすら北上!

水に浮かぶ神社!

道の駅「琵琶湖大橋米プラザ」を出たら多少田舎っぽくなってきたのか、ちょっと交通量が少なくなって走りやすくなる……のだが、それでもまだ結構多いので途中、変に横道に逸れながらも国道161に合流して北を目指す!

その最中、湖に浮かぶジンジャー神社を見つけたので、思わず停まってしまうw


リツ「湖に浮かんで…る?」
Lily「よくもまああんな所に鳥居を建てる気になったわね」
きっと、ここの神様は水泳が大好きなんだよ。

写真は参拝後に…

この神社、白鬚神社というらしく、どうもその筋ではかなり有名なのだとか。
しかし、ジンジャー神社である以上、変に祟られては困るので一先ず参拝しておく。

これでもちゃんと参拝した後に撮ってるんですよ?
サービスでお賽銭に100円玉を1枚仕込んであげたんですから……
リツ「お賽銭を小銭処理に使うのはちょっと……」
Lily「最近はクレジットカードや電子マネーが主流だからあまり持ってなかったのが悔やまれるわね」
最近、現金を使う機会が少ないなぁ…

そして、鳥居を何枚か撮らせて頂く。
中には道路を横切ってガードレールスレスレから撮影している猛者が何人かいたが、明日なき暴走車に撥ねられるのも嫌なので素直に対岸から撮る。

リツ「それ以前に通っちゃダメって看板に書いてあるじゃない」
Lily「リッちゃん、日本人の50%は字が読めないのよ?」
そして80%ぐらいの人は会話ができない。え、俺はできるよ?

ここにはちょっと立ち寄った程度なので、程なくして運転再開。
さあ、ゴールはもうすぐそこだ!
リツ「え、まだ20kmぐらいあるでしょ?」
Lily「ここまで300km以上走ってきたマスターにとっては少しなのよ……」
ホンマよう走っとるわ…… バイクも頑張っとる

湖岸道路は癒し♪

長かったビワイチも最終局面!
白鬚神社を出たら少しだけ国道161を走り、その後は湖岸道路である県道304に移る!

そして、まだ明るいものの時は既に18時前!
……にも関わらず気温は20℃と素晴らしい暖かさ。朝の3℃は一体何だったのか?


尚、この県道304は市街地で溜まったストレスを完全に吹っ飛ばしてくれる程の走りやすさを誇るので琵琶湖ツーリングの際は是非!車は来んでいい!
リツ「残念、みんな反時計回りで来てるみたいよ?」
Lily「そうなるとここは最後のオアシスってとこかしら?」
反対側から来た場合はそうなるなぁ…

途中、道の駅「しんあさひ風車村」に寄ろうと思ったのだが、ただいま改装中で閉鎖しておりますという悲劇!

何というタイミングの悪さ、リニューアルオープンは今年の7月ぐらいだとか。
リツ「その時期は突然の大雨が怖いので……」
Lily「夏過ぎないとダメかしらねぇ……」
夏場のツーリングは14時まで!それ以降はゲリラ豪雨の餌食に

仕方がないので風車だけ撮って、道の駅を後にする。

リツ「あの風車、中には入れるのかしら?」
Lily「窓っぽいのがあるからたぶん…」
どうなんでしょうねぇ…?

ゴール!ビワイチ達成!!

お疲れ様でした!

道の駅「しんあさひ風車村」から北に約6~7km程でスタート地点だった今津浜水泳場に到着!あ~、疲れたw

尚、到着時間は18時10分ぐらい。
ビワイチ開始したのが10時ぐらいだったので、実に8時間もかかっておりまする。
リツ「お疲れ様。何とか明るい内に回れたわね」
Lily「昼が長い季節で良かったわ♪」
5月はこういう所がありがたいw 夜明けも早いしな

ところで、家から琵琶湖に着いた時メーターを確認したら150kmぐらいだったんだけど、終わってから見てみたらメーターが381kmになってるんよ。
琵琶湖一周って200kmぐらいって言われてるんやけど、何故か俺は230kmも走っとるw

重複区間や寄り道、道の間違いを含めても20kmは余分に走ってる計算になる。
ホントに200kmなのか、ビワ子?
リツ「ググったらマスターの走ったコースは215kmだとか…」
Lily「それでも10km以上余分に走ってるって事は…?」
最初と最後の一部が重複してるし、途中で横道に逸れたりしたから…(震え声)

そして帰路に…

しかし、走りきってしまったらそんな事はどうでも良く、まだ家までの約150kmを残しているため、気合を入れ直してお家に帰ります。

リツ「今から帰ったら家に着くのはいつになるやら……」
Lily「どこかにお泊りしてもいいぐらいよね…」
もう家出てから12時間経ってるしな!

余談だが、福井県から琵琶湖へ向かう国道303と湖岸道路の突き当たりにあるセブンイレブンをスタート地点にすれば良かったのでは?と思わずにはいられなかったw

リツ「でもこんな所でアタシ達出して写真撮ってると通報されるでしょ?」
Lily「世の中は不審者には優しくないのよ?」
何でドールを撮ってるだけで不審者扱いされなアカンねんw

そして帰宅、お疲れ様でした!

琵琶湖を出たのはだいたい18時半ぐらい。そして、家に辿り着いたのは21時40分ぐらいと非常に遅くなってしまったので、流石のリツちゃん達もばたんきゅ~☆

そして、俺氏も疲れたのでさっさとシャワー浴びてリツちゃん達も着替えさせてオフトゥン敷いて速攻で寝た!
リツ「いつもならもう寝てる時間だもんね( ˘ω˘)スヤァ…」
凛々子「寝る子は育ちますよっ♪スヤァ( ˘ω˘)」
お前今日ずっと寝てたやろw

どんだけ走りましたか?

そして、今回の走行距離は……

走りに走った526.4km!!
もちろん、俺氏のバイク人生における最高記録更新である。
リツ「これまでの最高記録430kmぐらいから大幅更新ね」
凛々子「次は600km目指して頑張りましょう♪」
死ぬわwww

そして出発が6時20分、帰宅が21時40分とツーリング時間が15時間20分で、こちらも最高記録更新。どこぞのブラック企業の勤務時間じゃないんだから……
リツ「待って、マスター!そんな事を言うと不幸自慢の社畜共が……!」
凛々子「こちらも対抗して幸せ自慢ですっ!ほら、今日は茶柱が立ってたんですよ♪」
凛々子氏は今日も幸せでした☆

琵琶湖一周ドルツーを終えて。

日帰りツーリングの限界を感じました。(;´∀`)
まあ家からの往復だけで300kmはあるから予想はついてたけどねw
リツ「そろそろお泊りドルツーを考える頃かしら?」
Lily「家にワープできたら便利なのにね♪」
飽きたら帰れるのでルーラ覚えたいw しかしMP0w

今回は琵琶湖一周という目的だったので車の多い地域も仕方なく走った訳だが正直、琵琶湖大橋から南は市街地だから走らんでもいいと思った。北から来た場合だが

尚、今回、琵琶湖を時計回りに回ったのでその利点を書いてみよう。

  • 奥琵琶湖パークウェイの一歩通行に阻まれない。
  • 大部分の道の駅やコンビニ等のお店に左折で入れる(右折入場で交通の邪魔になりにくい)

ぐらいかな?
リツ「少なっ!全然いいとこ無いじゃないw」
Lily「だから反時計回りが推奨されるのね…」
やべえ、時計回りの利点が全然思いつかないw

タイヤも限界…(;´∀`)

それと、ちょっとタイヤを見てみたら前輪後輪共につんつるてんw
前に交換したのが4~5年前だからそろそろ限界やな…… よく走った。

次のドルツーのためにも出来るだけ早く交換しよう。できれば5月中。
Lily「マスター、思い立ったが吉日よ?」
凛々子「大変です!今日はバイク屋さんがお休みです!」
タイミング良すぎwww

次なるドルツーは?

今回の琵琶湖ドルツーにより福井県もイケるんじゃね?思った。
国道27沿いの道の駅や施設など、良い写真が撮れそうなトコをちらほら見かけたので、福井周遊ドルツーもちょっと考えてみよう。

凛々子「そろそろ凛々子もドルツーに行きたいです♪」
Lily「あら、じゃあ私がお留守番しようかしら」
じゃあ次あたりはそれで。覚えてたらだが。

他にも、琵琶湖一周したんなら今度は大山や淡路島一周とかどうでしょうね~?
リツ「地図を見るとどう頑張っても500kmオーバー……」
凛々子「いっその事、日本一周してしまいましょう♪」
もっとお金貯めなきゃ…(;´∀`)

とまあ、ビワイチ達成の興奮も冷めやらぬ所ですが、あまり長くなるのもアレなので、次なるドルツーへの期待を膨らませつつ、今回はこれにて失礼させてもらおう。
さらば!(`・ω・´)ノシ
リツ「またね~♪ (*´∀`*)ノシ」
Lily「バイバイ♡ (⌒▽⌒)ノシ」
凛々子「さらばです~☆ ( ´∀`)ノシ」


この写真、よく見たら隣にいたおっさん写っとるwww


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. めー より:

    いやいや、距離おかしいのw けど、バイク楽しそう。 
    リッちゃんの後ろに乗ってツーリングしよう∑(๑º口º๑)!!
    皆さんお疲れ様ですよー!

    • GoriasHami3 より:

      ありがとうございます♪
      バイク楽しいですよ~♪お昼ごはん食べ忘れるくらいに!
      距離はまあ……走ってたら勝手に伸びるのでノーコメントで。自分もおかしいとは思ってますけどw
      リッちゃんの後ろ……バイク探してこないと!(爆)