リツちゃん達とビワイチ(琵琶湖を一周)してきたよ!前編!

やあ、2週間以上もブログの更新サボってゲームに興じる合間に仕事する程度のダメっぷりで5月病が加速していっておりますが、読者の皆さんは如何お過ごしでしょうか?
リツ「マスター!遊んでないで仕事しなさい!」
Lily「その状態でまともに生活できてるからダメなのよ。もっと危機的状況に追い込まなきゃ」
凛々子「という訳で、凛々子達に服を大量に貢いで下さい☆」
そろそろ服買ってあげないとなぁ…


最近、水の多い所に行くことが多い気がする。


久々のドルツーです!

ゴールデンウィークは避けましたw

本体ならこういう事はGWにドカンとやるものだが、休みを自由に設定できるフリーマンであるため、どこ行っても混雑している時に敢えて外出する必要はなく、ただただ家で惰眠を貪っておりましたw

リツ「…意外と仕事はしてたわよね?」
Lily「暇すぎてやる事が無かったみたいよ?」
ゲームしながら本を読みつつのんびりやってましたがねwww

なので、終わった直後の5月7~8日辺りにいっちょ走ってくるかと意気込んでいたら無情にも雨続き……更に気温もガクンと下がってライダーには厳しい気象となっておりました。
リツ「GWが終わった途端これはひどかったわ……」
Lily「誰か変な裏工作でもしてたのかしら?」
GWは天気良かったからその反動じゃね?

しかし、5月11日!
この日の天候は快晴!最高気温26℃、最低気温3℃という凄まじい寒暖差の中、俺氏はおよそ2週間ぶりのドルツーへと赴いた。

この時期はもう5時頃から明るくなってるので早起きが捗るw
リツ「その代わり、寝る時間が早まってきてるわね」
Lily「22時までに寝るとかとても健康的ね♡」
眠くなるんや、布団入らんでも寝落ちしてまう……

今回はどこ行ったん?

ビワ子琵琶湖です!


そう、滋賀県の1/6を占める巨大な湖。
関西近郊のライダーであれば必ず一度は行くであろう定番のツーリングコース!
かく言う俺氏も4~5年ほど前に半周ぐらいは走った事はあります。
リツ「地図だと大きく見えるけど、6分の1ぐらいなんだ…」
Lily「3分の1ぐらいかと思ってたけど、意外と小さいのね」
滋賀県が広いんちゃうの?

今回通ったルートは?

実は住んでいる場所の関係上、琵琶湖は南からも北からも行けるという贅沢な選択ができるのだが、今回は北(福井県側)から突入し、時計回りに周ってきた。
余談だが、琵琶湖は反時計回りの方が良いらしい。

南から行った場合、国道9→国道1で琵琶湖の最南端である大津市までほぼ一直線で行けるため、距離自体は短いものの亀岡市から交通量の多さに悩まされる。ヘタしたら渋滞…
リツ「そこ、行ったこと無いんだけど?」
Lily「マスター曰く、車が多いからイヤだとか…」
前回それでめっちゃ時間かかったんよ!

但し、今回は丸一日ドルツーに費やしたため、ブログ内容もそれに比例して長くなっております。それ故、去年の鳥取ハワイドルツーと同じく前編・後編と分けさせて頂きます♪
リツ「ドルツーの時間も過去最高クラスだったわね……」
Lily「日帰りドルツーの限界を見た気がしたわ…」
たぶん、これ以上は無理ってぐらい時間かかったw

凛々子氏はお留守番。

そして、今回も凛々子氏はお留守番です。
全国100万人の凛々子ファンの方々、ごめんなさい。

凛々子「写真が前回の使い回しです!物凄くぞんざいな扱いを受けていまスヤァ…( ˘ω˘)」
リツ「相変わらず落ちるのが早い…」
朝5時起きだったからまだ寝足りないのだろう。

という事で、下らん前置きはコレぐらいにしておいて、そろそろ本題に入ろうか。
リツ「この時点で何人が読むのを止めたのかしら?」
Lily「ザッと8割は堅いわねw」
Not readの壁は分厚い!

それでは、琵琶湖へGO!!

道端に設置されてる温度計が3℃という5月にあるまじき数値を観測している中、我らはみ☆ㄘん探検隊は午前6時20分、バイクに跨り琵琶湖へと向かう…!

背景がかなり白いが、これは撮影をミスったのではなく、物凄い霧だったという言い訳をしておきたいw
Lily「そういえば濃霧注意報が出てたわね」
リツ(ノーム注意報?もしかしてノームが荒れ狂ってこんな霧が…?)
霧はどっちかっつーと水属性だろ?何の話や?

尚、今回はシートバッグにリツちゃん達を詰めるのではなく、いつものドールバッグにリツちゃん達を入れてシートバッグに固定して運送する次第であります。

前回のシートバッグ収容所は思いの外不評だったので……
リツ「落ちないようにするためとはいえ、これはちょっと…」
Lily「ある意味では緊縛w」
輸送面の問題はほぼ無いが、ドールの取り出しが超面倒w

さて、どういう道のりで行く?

細かいルートとしては以前、かやぶきの里に行った時と若干被るが、京都府綾部市から国道27に入り、府道1から北東に向かい、福井県大飯町の国道27へと侵入する。

ぶっちゃけ同じ国道に繋がるのだが、こっちの方が交通量も少なく、至極快適なツーリングを楽しめるので西側から福井県に進軍する際は是非!
リツ「遅い車はどんどん抜きなさい!」
Lily「あ、リッちゃん。そこにK察がw」
スピード違反注意☆

途中、国道27沿いにある道の駅「うみんぴあ大飯」にてトイレ休憩。うみんぴあ大阪に空目した人は日本海にダイブな!

海沿いで結構キレイな道の駅だったので撮影をしたい衝動に駆られるが、今回は琵琶湖が目的なので10分程度でオサラバ!!
リツ「残念ね」
Lily「また次の機会に、ね♡」
せやな

その後は「若狭西街道」という県道でも何でもない農道を突っ走って再び国道27に合流、その後国道303へと入り、そのまま琵琶湖まで一直線!

国道27は舞鶴~敦賀間では大動脈とも言える幹線道路なので交通量が多く、できるだけ外すのが俺氏のスタンダード。
リツ「それにしても道が少ないわねぇ……」
Lily「「田舎だからねぇ…」
最悪、国道しか走る道がないという事態も…

琵琶湖に到着!!

スタート地点はここ!

そして午前10時前!
琵琶湖の湖岸道路沿いにある「今津浜水泳場」に到着!!

ここに停まったのは琵琶湖を一周するのにスタート地点として設定するからだったのだw
リツ「だったら湖岸道路の突き当たりにあるセブンイレブンで良かったじゃないw」
Lily「曲がってちょっと進んでから思いついたのよねw」
ご名答www

まあでもせっかく来たのでちょっと写真でも撮ってみましょうかね~♪

ああ、朝日が目に染みる……
リツ「光の加減がイマイチね。撮影の勉強でもしてみたら?」
Lily「もしくはオートで撮りましょ♪」
オートやとリツちゃん達が暗く写ルンです…

まずはメタセコイア並木から!

琵琶湖から若干離れているが、まず最初に行ったのはメタセコイア並木!
たまたまネットで見て、行ってみるかと思い、今回足を運んでみた。

リツ「開始直後から周回ルートを外れる無法っぷりw」
Lily「それでこそ我がマスターだわw」
言いたい放題やなアンタらw

ちょっと入り口で…

どんな所かと胸をワクワクさせて行った所で、入り口にて停車してちょっと撮ってみました♪
歩道でもエンジン切ってりゃセーフ!バイクの特権w

何の変哲もない田園風景の中、おもむろに木が立ち並んでるので遠目からでも一発でわかるユーザーフレンドリーさに全俺が泣いたw
リツ「明らかに人工的に作りましたって感じの並びね」
Lily「横にある木が生い茂った林の中にあるのかと思ってたわ」
横っつっても結構離れとるけどな!

ちなみに周りはこんなド田舎です、ご確認下さい。

リツ「ええ、それはもう何もない…」
Lily「は~、静かで良いところね♪」
都会の喧騒に嫌気が差したら是非w

無料駐車場があります。

入ってすぐぐらいにちゃんとした駐車場があるので、ここにバイクを停めてちょっと撮影。

そして、メタセコイアに囲まれた道路を撮る!


リツ「ネットだと路駐して写真撮ってるのが多いけど、そんな不届き者はまだいないわねw」
Lily「当然、マスターはそんな事しないわよね?」
イキった軽かプリウスに撥ねられます。

上を見ると……う~ん、緑だ。
山の中走ってる時、たまにこういうのあるよねw

リツ「山の中はもうちょっと暗いでしょ?」
Lily「ここまで爽やかに明るいのは記憶に無いわよ?」
大体、酷道か険道になりますねw

しかし、意外とぶっとい木だな。
斧で叩き割るには相当のパワーが要るぞ?

リツ「なぜ斧!?」
Lily「斧は男子を強くする武器だからよ」
頭のおかしい奴は斧で頭を叩き割るのが関西の風習。ウソデス

観光名所らしく、ちゃんと看板がありますw

リツ「街路樹……か。確かに」
Lily「街路樹と聞くと何か都会のイメージが…」
まあ、道に沿って立ち並んでるから…

ご丁寧に歩道まであるんだぜ?
誰も使っとらんけどwww

おもむろに置いてある机と椅子。
何の目的で置いてあるのかすら謎w

そして、並木道の外は……ただの田園風景デスw


Lily「あっちに見える林が並木道だと思ったわ」
リツ「それだと並木道って言うより林の中を突っ切る険道になるのでは?」
流石に整備するでしょw

以上、メタセコイア並木からお送りしましたw
リツ「お疲れ様、次はどこに行くのかしら?」
Lily「あまりのんびりはしてられないわよ?」
長居は無用だな。

お次は奥琵琶湖パークウェイ!

メタセコイア並木を去ったら、お次はバイク乗りなら大体行くであろう「奥琵琶湖パークウェイ」にお邪魔してみる事に。

尚、バイクに後退の二文字は無いため、並木道を突っ切って県道287に入り、国道161から県道577県道513と湖沿いを突っ走る。
地図に何も書いてないが、だいたいこの辺に奥琵琶湖パークウェイがある。
リツ「マスターには引き返すという選択肢は無いのかしら?」
Lily「帝王に逃走は無いのよ♡」
俺氏、帝王でも何でもないただの一般人ですのでw

このブログを見ているドールライダーの方のために言っておきますが、県道287はオススメなので是非突き進んで下さい。とても快適にかっ飛ばせます(爆)
リツ「スピード違反に注意しなさい」
Lily「お姉さんとの約束よ♡」
とは言え、K察が張ってそうな場所は無さそうだったが…

そして、奥琵琶湖パークウェイへと向かう途中にこんな看板がありますが、独り身でも躊躇せず突き進んで下さい。

恋人の聖地などという戯言はこの際無視で、アベック共は発見次第しっとの炎で焼き払って差し上げましょうw
リツ「その後は恒久の氷結で更なる地獄を味あわせてあげるわ!」
Lily「ああ……絶望と哀しみを心に秘めて、苦痛に乱れる負の記憶が……」
And turned all fort blitz warm…

登頂、展望台!

いつでもエターナルフォースブリザードを解き放つ態勢を整え、恋人どころか独り身のおっさんすら数えるほどしかいない閑古鳥の奥琵琶湖パークウェイに無事到着。
Lily「杞憂に終わったわね」
リツ「いえ、まだ油断してはいけないわ!」
1組見たら30組はいると言われているからな。ゴキブリか!?

周辺マップか、ふむ……

さて、ここからの景色は非常に素晴らしいものだと聞いているが……拝見してみよう。


リツ「マスター!これじゃ景色が見えないわよ!!」
Lily「リッちゃんが可愛くて眩しすぎるのよ♡」
なるほど、なら2人を外して撮り直してみるか。

先程の写真の背景を適切なモードで撮ると……
うん、普通の景色だw

Lily「普通の景色……ねぇ」
リツ「あー、マスターこういうの見慣れてるのか…」
いろんなトコ走ってるから多少はねw

恋人の聖地……?

パークウェイの最奥、ここがかの有名な愚者恋人の聖地か。ふむふむ……

リツ「どうぶつの森…?」
Lily「おいでよ、しっこくの森☆」
しっこくハウスへようこそ(´・ω・`)

恋人の聖地として漆黒の騎士様が祝福のエタルドをお見舞いしてくれるかどうかは不明だが、とりあえずしっこくどうぶつの森に突入してみよう。

リツ「10年前のFEのネタとか言ってもわかんないでしょ?」
Lily「Lilyハウスにリッちゃんをご招待するゲームはまだかしら?」
市場がニッチ過ぎて俺しか需要がありませんw

どうぶつの……森?

周りはゾウにライオン…

シマウマやペンギン等、確かにどうぶつの森である。
しかし、これでは恋人というより子供連れの方が楽しめるのではないだろうか?


リツちゃん達を乗せて撮ろうと思ったけど、絶妙に乗せにくい形なので仕方なく断念w
リツ「いやまあ乗りやすいように作られてる訳じゃないしね…」
Lily「仮に乗ったとしても、落ちたら大変な事になるわ」
俺氏が泣く(ノД`)

これが恋人の聖地か……

しかし、森のド真ん中にある何とも恥ずかしいハートの物体。
これに引っ付ける絵馬とかは売店で買えるそうだが…

リツ「恋人のいないマスターには関係ない話ねw」
Lily「生涯独身を貫くつもりかしら?」
その可能性は高いw

恋人じゃないけどせっかくなのでリツちゃん達を乗せてパシャッ!


Lily「うふふ、これで私とリッちゃん恋人同士に♡」
リツ「全身全霊を以て断固拒否します!」
ふむ、ならば俺氏が… え、アカンの?

奥の方にこんなのもある。
どれ、もう一枚撮ってやろう♪喜べ

リツ「こっちの方が絵馬が多いわね。何でかしら?」
Lily「マスター!至急、私達の分も買ってきて!」
イヤw

ところでここ、遮蔽物が無いせいか最も景色が見やすい。何故だ!?
お店とか立ち並んでる展望台の方は邪魔な物が多くて見にくいというのに……

くっ、こんな所までアベック共が優遇されるというのか……!?
リツ「いや、絶対たまたまだと思う」
Lily「ところでマスター、なぜ私の頭が…?」
たまたま入ったんや、堪忍な!

のんびりしすぎた!

さて、この時点で時計の針はちょうど12時。
周回開始時刻がおおよそ10時過ぎだったので、まだ10分の1ぐらいしか走ってないのに既に2時間が経過しております。

このままでは明るい内にゴールするのが不可能なので、そろそろ走る方に重点を置いて琵琶湖周回を再開する。
リツ「のんびり写真なんか撮ってるから……」
Lily「嘆いてても仕方ないわ。ここから遅れを取り戻しましょう」
せやな。

とは言え、ここからはコレと言ったモノが無いのでひたすらバイクで走るだけとなる。
リツちゃん達はしばらくお休み☆
リツ「仕方ないわね、昼寝でもしておくわ」
Lily「リッちゃんと抱き合って(*´Д`)ハァハァ( ˘ω˘)スヤァ…」
流石のLily殿も眠気には勝てなかったと見えるwww

続きは後半戦へ!

さて、まだ全行程の10分の1ほどしか行っていないが、ここで一旦切らせてもらう。
いやね、この辺でもう6000文字ぐらい行ってるんよ。しかもまだ全体の半分ぐらいなんよ。
リツ「全行程の10分の1なのにブログ内容が半分とはこれ如何に???」
Lily「後半は走ってばっかりだったから撮影が…」
主に写真の数がブログの長さを左右するのでw みんな字読まないからw

そう、Lily殿の言う通りこの後はこれまでの遅れを取り戻すかの如く走ったため、あまり撮影らしい撮影はしていない。
しかし、それでもこんなのを撮るくらいの余裕はあったりするw

長浜の大仏に彦根城、白鬚神社に道の駅の風車小屋(?)である。
リツ「意外と立ち止まってるじゃないw」
Lily「変な物を見るとつい……ねぇ?」
変な物ってゆーなw

という訳で、怒涛の後編でまた会いましょう!
では少しの間であるが、これにて失礼する。
さらば! (`・ω・´)ノシ
リツ「またね~♪ (≧▽≦)ノシ」
Lily「バイバイ♡ (⌒▽⌒)ノシ」
凛々子「スヤァ……( ˘ω˘)ノシ」


湖を横目にのんびり走れる奥琵琶湖♪しかし南は…


後編へ続く!

リツちゃん達とビワイチ(琵琶湖を一周)してきたよ!後編!


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. めー より:

    なんでもかんでも恋人の聖地とかつけやがって(#・∀・)
    いや、なんでもないです。琵琶湖にメタセコイア並木綺麗で良いですね♪ 大自然楽しめましたよー!

    • GoriasHami3 より:

      お久しぶりです!
      琵琶湖の北側は大自然に囲まれてとても綺麗なので是非行ってみて下さい♪
      観光地行くと大体「恋人の○○」みたいな何かがありますね……
      実際いるのは独り身のおっさんと売店のおばちゃんぐらいですがwww