今年も京都ドルパに行ってきました!

やあどうも、はみ☆ㄘんでございます♪
リツ「波音リツよ」
Lily「Lilyと申しますわ♡」
凛々子「凛々子ですっ!」


背景をぼかすとモザイクかける必要はなくなるなw

リツ「何枚か全体がピンボケたのがあるでしょ?」
Lily「マスター、リッちゃんをぼかしたら懲罰モノよ?」
そうならないよう努力しますw


京都ドルパに行ってきました!

時は2018年3月11日、京都府京都市伏見区において行われた「ホームタウンドルパ京都15」に暇つぶしがてら行ってみたので、今回はそのお話で行こうと思う。

場所は去年と同じく「京都パルスプラザ」
京都の中心地からちょっと離れてて駅からも微妙に遠いイヤな会場であるw

リツ「確かに、他の所と比べると駅から遠いわね」
Lily「次点で駅遠だったのは夏のドルミス(新梅田シティ)かしら?」
アレは7月なので容赦ない暑さにも襲われる悲劇w そしてバイクでコケるw

ご丁寧に開催ホールまで去年と同じなので迷う事なく辿り着く。

リツ「しかし、マスターは前日に深酒でお腹を壊し、トイレへと直行した」
凛々子「その後、マスターさんの姿を見た者は誰も居なかったんですね」
社会的に抹殺される事態がwww

幸いにもトイレには間に合い、社会的に抹殺されるような事は起こらなかったので入場証を……ちょっと待て、去年みたいな入場証はどこ行った?

んんっ!?ガイドブックが入場証だと?1800エン???
去年一昨年の京都名古屋は1000エンだったよな?
リツ「き、気のせいじゃない…?」
Lily「イベントの入場料なんていちいち覚えてないけど、今までそんな高額な所は無かったはず…」
そんだけ高いと記憶に残るからな!

……とまあ、暴利を貪るボークスの戦略にまんまとハマり、ドルパへと入場する。
ただし、積載能力の問題でリツちゃんだけを出して、ドルパを周る事にする。

Lily「そもそもボークスドールのイベントなんだから私達はお呼びでないわね」
凛々子「仕方ありませんね、凛々子たちは大人しくスヤァ…( ˘ω˘)」
一応、連れてきてはいたが今回は寝かせておこう。

ドルパを周ります♪

という訳で、紛うことなきボークスドールのDDSであるリツちゃんを抱っこしてドルパを回る。常時ドール持ち出しOKって所がドルパの良いところだよな♪

リツ「そうね、アイドールなんかもう……」
Lily「撮影場所でしか出てこれないから……」
写真撮れなさすぎてアフターで強引に尺を引き伸ばさないと……!

とりあえずテキトーに店を回りつつ、写真を撮っていく。
これでも極力通行人の顔が入らないよう、努力してるんですよ?モザイクかけるの面倒やし

リツ「マスター、そろそろ新しい服が…」
気に入ったのが見つかったらな♪

今回は買う物がある程度決まってたのだが、あまりにグッと来る物が無かったので思った以上に早く用が済んでしまいましたwww

ちょっと外れにあるボークスの「天使のすみかSHOP」だっけ?
新作の服とかDDボディやヘッドを売ってくれてるのは良いんだけど、アキバ限定の08・09ヘッドとか売ってくれても良いんじゃね?
リツ「お陰でいつまでもアタシのヘッドが更新されない悲劇よ…」
Lily「マスター、近い内に秋葉原へ行きましょう!」
楽に全員連れていける方法を探さなきゃ…!

お茶会スペースを歩く!

流石に1時間足らずで帰るのもアレなので、目の保養と服のコーディネートの研究を兼ねて有料のお茶会スペースを歩いて回る。

知り合いなんか誰もいないし、テキトーに見て回る程度なら誰も文句言わんやろ。
リツ「群れる必要なんて無いわマスター」
Lily「そう、孤高のドールライダーであれ!」
正直、この日はバイクで来ても良かったと思ってる。服装がヤバいがw

テトさん発見!

リツちゃんにピントを合わせてわざと後ろをボカしているが、あそこに去年一緒に撮った(と思われる)重音テト氏がおります。

しかし、肥をかけようにも持ち主がどこにもいなかったので諦めて去っていく俺氏。
リツ「いやいや、いきなり肥をかけたら失礼でしょ!?」
凛々子「え、声をかけるのは失礼な事なのですか?」
微妙に話が通じていないようです。肥はかけるな!

しかし、やはり見て回るだけでは大した時間稼ぎにもならず、入ってから1時間半ほどでドルパを去る!
リツ「1時間半なんて頑張った方じゃない」
Lily「そうよ。30分ぐらいで出ていったイベントとかあるでしょ?」
店を回るだけやったらホンマにそれぐらいで終わるでw

その後はPARABOXへ!

そそくさとドルパを出たら、今度は以前も行ったドールショップ「PARABOX」へ!
ここも烏丸御池で下りるか京阪三条で下りるか阪急河原町で下りるかの選択を迫られる程度には面倒な位置にあるが、パルスプラザよりは幾分かマシ。

凛々子用のオビツ50の服を求めてやってきたのだが、あまり琴線に触れるブツは無かった……残念。(。ŏ﹏ŏ)
凛々子「大丈夫ですよマスターさん、お店になければ通販ですっ!」
リツ「この店は寧ろそっちがメインじゃないの?」
そんな気がするw

アフターは無しよw

そして、今回はぼっちアフターはなし。
理由はいろいろあるが、何かこう……そういう気分ではなかった。
リツ「前日の深酒が原因に1000ガバス!」
Lily「そもそもドルパに来た時点で二日酔いだったのよね…」
しばらくお酒飲むのやめよう。_(:3」∠)_

という事で、いつもより短いが今回のドルパはこれにて終了!
さて、そろそろ〆に入ろうか。
リツ「イベント行っただけで終わったのは珍しいわね」
Lily「やっぱりバイクで行くべきだったのよ」
そうなるとドルパ1割で残り全部ドルツーのお話になってたw

以上、ドルパレポートでしたw

今回の購入物は?

Lily殿のドルツー用のライダースジャケット。
あと、リツちゃんのジャケットも結構ヘタってきたので予備をもう一枚。

ブーツも欲しかったが、良いのが無かったので今回はパス!
凛々子「Lilyさんの前のジャケットは凛々子が美味しく頂きました♪」
Lily「お下がりで悪いけど、大事に使ってね♪」
アゾン50サイズなので凛々子しか着れないけどネーw

早速着てみましょう♪

という訳で早速装着!

うん、まあこんなモンやね。
ただ、青のライダースで青いズボンはちょっとかっこ悪いか?
リツ「そこで新しい服を!」
Lily「マスター、白いGパン持ってなかった?」
幾つかあるので今度試してみようw え、今じゃないの?

そして後ろ姿。龍の刺繍がいかにも暴走族っぽいwww

Lily「珍走団だから大丈夫よ♪」
凛々子「はみ☆ㄘん走団の結成ですね♪」
俺も何か刺繍入りのジャケット着た方がいいかな?

これで今年もドルツーが捗る。
やったねリツちゃん♪
リツ「そろそろマスターも新しいジャケット買ったら?」
Lily「ヘルメットもヘタってきてるんでしょ?」
両方とももう10年近いからなぁ…… そろそろ替え時

という事で、いつもより短いが今回はこれにて終了させて頂きます。
次のステージでまた会おう、さらば! (`・ω・´)ノシ
リツ「またね~♪ ヾ(*´∀`*)ノシ」
Lily「バイバイ♡ (⌒▽⌒)ノシ」
凛々子「さらばです~☆ ( ´∀`)ノシ」



Lily「マスター、ちょっと前を開けてみたんだけどどうかしら?」
リツ「Lily!胸!むね!!」
は~、ありがたやありがたやwww


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする