DDヘッドの縮小に挑戦してみたでござる。・・・その後。

やあどうも、暖かくなって参りましたが、最早バイオ兵器と言っても差し支えない花粉に悩まされ、5年モノのハードディスクが死にかけてちょっとご機嫌ナナメのはみ☆さんです。
リツ「ドールは花粉症になりません、波音リツです」
Lily「ハードディスクの大半はエロ画像だそうよ、Lilyです」
凛々子「まさに至れり尽くせりですねっ、凛々子です!」
踏んだり蹴ったりの間違いやw


10年以上ぶりの死刑宣告。(´;ω;`)

リツ「ま、まだ大丈夫だから……」
Lily「その中には桃源郷が詰まっているんでしょう?諦めないで!」
やはり5年は引き伸ばしすぎたか…… 3年が目安


あのお話の後日談です。

さて、今回は1月の終わりにやった「DDヘッドの縮小」
あれから1ヶ月以上経ったのでドルパ前の肩慣らしに一発書いてみる
リツ「ああ、そういえばそんなのやったわね」
凛々子「凛々子、すっかり忘れてました☆」
そうか……凛々子で覚えてないのなら、読者諸君も大して覚えてないんだろうな……

HDDもぶっ飛びかけてるし何かモウイイヤ、後はテキトーにやっといて。_(:3」∠)_ゴロン

リツ「ああ!マスターがふて寝した!!」
Lily「つちのこwww」
に擬態した猫ですw

というのは冗談でちゃんとやります。
しかし、この話を書いてる途中にドルパが始まってしまったので、ドルパ後の投稿になってしまったのは不甲斐ない……!
凛々子「おお、ゆうしゃよ しんでしまうとはなにごとだ!ぐらい不甲斐ないですねっ」
Lily「もう一度、機会を与えましょう!行きなさい、マスター!」
そして所持金も半分にw

本題の前に、少し振り返りましょう。

ぶっちゃけ1ヶ月以上も前の話だし、前の記事を読むのもめんどくさいのでザッと簡単に説明しましょう。
え~、まず1月22日に記念すべき一発目を投入しました。

その4日後、1月26日の朝にサルベージ。


2回りほど大きくなってぷるっぷるなDDH-07が出来上がりましたwww
凛々子「ぷるっぷるです!上半身パーツを漬けたら凛々子の胸もぷるぷるで大きくなりますねっ!」
Lily「その後、徐々に縮んじゃうわよ?」
しかも縮むのは胸だけではない!全身ですね?

そして、シンナー漬けのヘッドを乾かすついでにもう一つ、凛々子氏の元ヘッドをブチ込んで前回の記事は終了!


凛々子「凛々子の顔が缶詰にされちゃいました!」
リツ「アタシのヘッドでもあるのよね…」
リツちゃん→凛々子氏→ドボンという波乱万丈のヘッドw

その後の経過です。

そして、ここからはその後日談となる。

まず、珍しく予定通り2月2日に引き揚げ作業を行う。
カレンダー見てないからわからんけど、たぶん1週間ぐらい漬け込んだよな?

当たり前だが、シンナー臭がキツイので外でやる。雨降ってなくてよかったw
Lily「マスター、今度はこぼしちゃダメよ♡」
凛々子「ベランダが大惨事になりますねっ」
いや、前にこぼした時はそうでもなかったぞ?

割り箸にて引き揚げ終了。
比較として新品のDDH-10を置いてみるが、やっぱりでかいwww
…のだが、3日漬けと大して変わらんな。

そして、ぷにぷに感も健在。まさにぷにぷにフィーバーである。
凛々子「凛々子は通が一番良いと思いますっ」
リツ「マスターもたまにやってるわよね…?」
ちょっとした暇つぶしにエエねん。ぷよ2リミックスな!

そして、コイツもまた乾かしておく。
どっちも同じDDH-07なので引き揚げ日で分けとかないとどっちがどっちかわからなくなるw

Lily「でも、これって全部私達の元ヘッドと思うと感慨深いわね(しみじみ)」
凛々子「風流ですね♪」
先に漬けたのが元Lilyヘッドでございます。

大きさの変化は?

2月2日時点での比較!

さて、ここからはもう乾燥させるだけなので、1週間毎の大きさの変化を載せていくとしよう。
まずは3日漬け・乾燥1週間後のヘッドと純正DDH-10!

ほぼ同じ大きさ……と言うより、元の大きさまで小さくなり、外皮がちょっと硬くなった。
リツ「1週間程度じゃまだまだでしょ」
Lily「先駆者たちは1ヶ月ぐらい乾かしてたわよ」
長いようで短い1ヶ月……

そしてこちら、サルベージ直後のヘッドとの比較。
いやいやもう全然違いますわwww
凛々子「大きすぎます!まるでマスターさんと凛々子ぐらい差があります!」
リツ「いやいやいやいや、それはないからw」
オリエント工業に頼めば凛々子も人間サイズに……!せんでいい

1週間後!

そして1週間後……ではなく、9日後の2月11日!
いや、決して忘れてたとか面倒くさかったとかそういうのじゃないんよ?

リツ「忘れてたのね…」
Lily「面倒くさかったんだわ…」
そこ、声に出してゆーな!

しかし、サイズ的にはどうだろう?
乾燥1週間の方はまあ、通常の大きさまで戻ったけど、2週間の方は大して変わってないように見える。

それでもまだ大きさで判別できるな。
あと2週間ほどでどれだけ縮むんだろうか?
凛々子「きっと、凛々子がピコニーモさんになるくらい縮むんですね」
リツ「縮みすぎいッ!!」
1/12サイズだからなぁ。

更に1週間後?

…とか言っているが、正確には6日後の2月17日の様子がこちら!
比較対象を新品のDDH-07に変えました♪

しかし、写真だとどれも同じサイズに見えて見分けがつかんwww
リツ「う~ん、真ん中がちょっと小さいような…?」
Lily「思ったより小さくならないわね」
この辺りが限界かもしれない。

確かにヘッドはあまり差がないのだが、フタは結構差が出ている。

【悲報】どれがどれかわかりません。
リツ「だからちゃんと管理しなさいってあれ程……」
Lily「いかにもマスターらしいミスねw」
そらもう何でもいい加減ですからwww

そのまた1週間後!

一応、どれがどれかの判別はついたので再開。
更にその8日後、2月25日!最初のヘッドの乾燥からほぼ1ヶ月が経ち、シンナー臭も無くなったのでお部屋に移動!

左から

  • 7日漬けの乾燥23日目
  • 3日漬けの乾燥30日目
  • 純正ヘッド

となっております。
リツ「1週間を7日にしたり、1ヶ月を30日にしたり…」
Lily「きっと、その方が読みやすいと思うの」
俺氏もこの方が読みやすいw

しかし、ヘッドのフタはこの通り、ヘッドよりも小さくなってしまい、サイズが合わなくなってしまいました。

リツ「これは……シリコンキャップでもごまかしきれないわね……」
Lily「何とかして大きく出来ないかしら?」
もう一回シンナー漬けにしたら一時的には大きくなるが……また縮むw

ちなみに、3日漬け1ヶ月乾燥でオビツヘッドと同じぐらいの大きさに。
実際使うとなるとウィッグは8インチぐらいになるなぁ。

凛々子「このヘッドを使えば小顔効果バツグンですね!」
Lily「マスター、大至急でメイクを!」
フタはどないすんねんwww

そして現在!

それから面倒くさくなって10日以上も机の上で放置した3月8日。
もうコレ以上は小さくならんと思うので、そろそろメイクか何かして差し上げてもよろしくてよw

リツ「仮にメイクをしたとしても、誰のヘッドになるのよ?」
凛々子「ヤフオクに横流しですね♪」
元凛々子のボディが余っておりますねぇw

しかし、サイズ的には1~2週間前と大差無く、新品ヘッドよりも少々小さいぐらい。
やっぱりこの辺りが限界なんかな?

Lily「ヘッドが一回り小さくなるのならMDDにぴったりじゃない?」
凛々子「小さな子が来るんですか?凛々子大歓迎ですっ」
ああ、4人目が召喚されてしまうwww

残ったシンナーはどないすんの?

固めてポイですw

さて、この缶に残ったシンナーだが、普通に考えてその辺に捨てる訳には参りません。
排水口に流すなど言語道断であります。

かと言って、キッチンペーパー等に吸わせて燃えるゴミで捨てるには量が多すぎます。
リツ「一応、バイクのオイル処理箱があるけど…」
凛々子「全部ブチ込んで揮発させるためにベランダに放置ですねっ?」
臭い的に近所迷惑になるやろwww

そこで出てくるのがカンピパペオの残塗料処理剤!!
運が良ければホームセンターで見つかるかもしれないが、ネットショップで買う方が良いと思います。

Amazonでも売っているが、Yahooショッピングの方が安かったのでそっちにした。
リツ「詳しくは残塗料処理剤でググりなさい」
Lily「どうでもいいけど、マスターのプロテインと同じような袋よね」
台所には置くなよ!!

確かにプロテインと袋が全く同じなので、パッと見同じに見えるwww

Lily「マスターなら十中八九間違うわね」
リツ「もし間違えたらちゃんと処理しないと…」
粗大ゴミは連絡しないと!

まあそんなことはどうでも良く、シンナーを処分するには容量の3倍ぐらいの水がいるそうなので処理用に4リットルの缶を用意!

ご丁寧に専用のお玉まで用意しましたwww
リツ「どんぶり勘定待ったなしw」
Lily「いいのよ、こういうのは適当でもw」
いちいち測るのめんどいやんwww

それでは固めましょう♪

という訳だが、捨てるシンナーの量が多すぎるので、処理用の缶に半分ほど移して処理剤と水をブチ込む。

よりにもよって水をこぼすという失態www
Lily「マスターったら、おちゃめさん♡」
リツ「でも、こぼしたのがシンナーでなくてよかったわ…」
シンナーだと阿鼻叫喚ですなぁwww

後は、固まったブツを適当なビニール袋に詰め込んで萌える燃えるゴミとして廃棄!
お疲れ様でした。

凛々子「マスターさん、そのおたまを台所に持っていっちゃダメですよ?」
リツ「確実な死が待っているわね」
うっかり煮込み料理で使おうものなら……

リベンジしますw

以上、初めてのDDヘッド縮小だったが、当然、うまくいかない意図せぬ結果に巡り会いました。
見ての通り、ヘッドとフタが合いませんwww

流石にこれでは使えんので、今度はヘッドとフタで漬ける時間を変えなくてはならんな。
リツ「これをもう一度漬けたらどうなるのかしら?」
凛々子「わからないならやってみましょう!全てはトライ・アンド・エラーですっ」
俺の人生に発生しているエラーが直らんのだけど何とかならんの?なりません!

そして、3日漬けても1週間漬けても縮小率は大差無い……つーか、殆ど同じだったので、次はヘッド3日・フタ1日漬けでやってみようと思う。
リツ「まだシンナーが2リットル以上もあるのよね…」
Lily「それに、漬けて放置するだけだから労力はいらないし」
その代わりとても時間がかかるが。

という事で、DDヘッド縮小のお話はここで一旦切ります。
次はフタとヘッドで漬ける時間を変えるのと、今回作った片方をもう一回漬ける……という事でドボン♪

新品の07ヘッドブチ込んじゃったよw
リツ「早っ!もう漬けてる!」
凛々子「まさに善は急げ、悪はもっと急げですねっ!」
中立はちょっと急げぐらいかな?

ただ、コイツはまた乾燥に1ヶ月ぐらいかかるので次のこの話は4月中頃になるでしょうね~。
ま、それまで気長に待ちましょ~か。
Lily「その間はドルパやドルツー話で尺を埋めちゃいましょ」
凛々子「凛々子もたまにはドルツーに行きたいです!」
次、連れて行ったるで♪

なので、今回はこれにて終了!
さらば! (`・ω・´)ノシ
リツ「またね~♪ ヾ(*´∀`*)ノシ」
Lily「バイバイ♡ (⌒▽⌒)ノシ」
凛々子「さらばです~☆ ( ´∀`)ノシ」


凛々子を缶にブチ込んで持ち上げると……?

凛々子「缶が浮いてます!マスターさん、さてはマジシャンですねっ♪」
リツ「足の裏に磁石が付いてるからでしょ…?」


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. あいあん より:

    私も縮小してメイクしてますが大体3日ぐらい付け込み、蓋は18時間ぐらいかな?
    蓋の調整はかなり難しくなかなかぴったりとは行きませんね。
    ヘッドは3日付け込むと大体DD→MSDサイズになるのでウィッグ選びには困らないかな?
    参考までに。

    • GoriasHami3 より:

      コメントありがとうございます!
      参考にさせていただきますが、やっぱりフタの調整は難しいんですね。
      まだまだ試行錯誤中ですが、上手くぴったりにできるように頑張ります!