リツちゃんのドールメイク 実践した編(過去形)

俺氏「はみㄘんはみさんでごわす」
リツ「波音リツよ」
皆さんこんにちは、今回もよろしくお願いしますね♪

岡山県美作市にある宮本武蔵駅
img_20161010_104357
リツ「波音リツ駅って無いの?」

俺氏「UTAU townならあるかも」


さてさて、今回は前回の続き、

ドールメイク 疾風怒濤編実践した編(過去形)!!

リツ「何で過去形なのよ?」
俺氏「その方が記事にしやすい」
言い切りやがったコイツ!!

という事で、今回もドールメイクのお話になりますが、過去形という事で俺氏の初めてのドールメイクを中心に語っていこう
まともなドールメイク実践を期待していた人にはスマンね。
俺氏「尚、写真は全てスマホで撮ったモノだが、カメラのレンズを掃除する前の物なのであまりキレイに撮れていないことを先に言っておく」
リツ「これまでにもそういう写真上げてたけど、まあ……我慢してちょうだい」
最初は何が原因がわからなかったが、レンズを拭いてみたらキレイになったという……

野郎ども、突撃する準備は出来たか!?
cxmun4zusai_vvc_orig
Sir, yes, sir!!(`・ω・´)ゞビシッ!!
リツ「どうあがいても絶望」
俺氏「(((((((((((っ・ω・)っ ブーン」
↓タメ↑キックの恐怖。

まあしかしですね、ドールメイクのやり方とか紹介してるブログって、みんな上手いじゃ~ん、可愛いじゃ~ん♪
それ見て「よし、俺もやろう!」って気になるのはいいんだけど、自分の出来と相手の出来を見比べてみると……(´;ω;`)ブワッ!!ナンデミンナソンナニウマイノ?
リツ「あ、あの……最初はみんな下手だから。ね?」
俺氏「ヾ(*´▽`*)ノ」
リツちゃんは天使♡

そこで、だ。俺氏は敢えて最初のドヘタなメイクを公開することにより、視聴者の皆さんに「ああ、なんかこの人よりは上手く出来そう」みたいな安心感を与えてやろうとですね……
リツ「そのドヘタなメイクを施された身としては看過出来ない発言ね」
俺氏「レベル的には遊び人Lv.1だから許してチョンマゲ♪」
また古いネタを……
asobi1
俺氏「壁|ω・`)ジィー……」
リツ「怖いわ!!」
勇者&遊び人×3という意外な破壊力。冷やかしはお断りだよ

第一回、俺氏のドールメイク 第二回があるのか?

それでは、俺氏の初めてのドールメイクを公開する。
まず、リツちゃんのヘッドはDDH-07首との接合部辺りに73という数字が…
アイ(目)はボークスの20mmGタイプわかば色
ウィッグはDOLLCEのDD姫カット/真紅
塗料は造形村アクリルカラーを使用。
え、何? 二回目のメイクで使ったファレホの使用感を聞きたい?
……それはまた今度な。次があるのか?

造形村アクリルカラーを選んだのはドールメイクに最低限必要な色がセット売りだったというのが大きい。初めてなら5色入りで充分つか2~3色しか使わん
ちなみに当時からファレホも考えてはいたんだが、色の数が多すぎてどれを選んだらわからんかったので、この時はパスした。予算の都合もあるし…
俺氏「ファレホは1本300円するからMr.カラーやタミヤカラーと違ってポンポン買えないんよ」
リツ「倍以上の値段よね…」入ってる量は1.7倍だが
そもそもファレホはMr.カラー等と同じホビー用なので色の多さはしゃーない。あと、迷ったら基本色!!応用はいくらでも利く
リツ「でもモデルエアーとかゲームカラーとかいっぱい種類あるけど、どれを選んだら良いの???」
俺氏「モデルカラーを選んでおけば問題ない
特殊なモノに手を出すのは慣れてからでも遅くはない。すぐに使いたいんなら話は別だが

それとメイクは鏡で反転させて見ると、おかしい箇所がよく分かるのでオススメ。絵描きの絵を反転してはならない
尚、ヘッドやアイホールを削る等の行為はしてません。あくまで買ったままの形でメイクしました。削りは失敗するとアウト
俺氏「リツちゃん、このチェーンソーで整形してあげようギュィィィン」
リツ「ふ、愚かな……。このアタシにそんなモノが通用…((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル」
神をも倒すスーパーアイテムなだけにリツちゃんも恐怖!

まずはヘッドを中性洗剤で洗う。台所洗剤でおk!酸性アルカリ性の製品もあるので注意
これによって付着している油を洗い流すのでござる。
その後、水気を取って乾いたらメイクの下地として此奴を顔面にブシューッと吹き付けてやるのじゃ!!自分の顔面に吹き付けてはいけない
22482
下地に限って言えばUVカットやつや消しじゃなくても良いと思う。
俺氏「実は2回目のメイクではつや消しが残り少なかったので、下地に半光沢を使った」
リツ「でも結局、UVカットのつや消しが無くなって最後の仕上げが出来なくてわざわざ隣の市まで買いに行ったんでしょ?」
俺氏「うん……(´;ω;`)」田舎住まいで近所に店無いねん…
そのせいで完成が遅くなったので、道具はやる前に確認した方が良い。

そして、下地が乾いたらボークスの下書き用ペンで下描きをする。
鏡を用意して、おかしい箇所を修正しつつ描いていく。ただ、下描きなのである程度適当にやってた。手の脂がつかないよう、ビニール手袋を着けて作業。
img_20160718_205015
ちなみに俺氏、このまま1日ほど放置してたら塗った場所に黄色い塗り跡が色移りして落ちなくなりましたwww つまり、やる前から失敗…
リツ「オイッ!!」
俺氏「何か急に眠くなったから寝たんや……」
睡魔には勝てませんぜwww

しかし、このような失敗でクロミミ俺氏は諦めない!
下描きに沿って塗料で塗っていきます。しかし、初めてなので結構失敗して目や眉の周りが……ペンと違って思い通りに描けないお(´;ω;`)

これでも結構頑張った方……
紙に描くのと造形物に描くのとではまるっきり違う作業に思えた。
リツ「で、でも初めてにしては上出来じゃない? うん」
俺氏「顔が引きつってるぜハニー♡」
この時点かなり描き直したのは言うまでもない。

尚、リツちゃんの眉は本来、髪と同じ赤色ですが、残念ながら赤は持っていなかったので目と同じ色で代用しました。
俺氏「2回目は赤で塗ろうと思ったけど、ファレホの赤が売り切れてたお(´;ω;`)」
リツ「マスターって結構運悪いわよね……」
うんのよさ -99ですから
dqf158
俺氏「悟りを拓いた」
リツ「え~加減にしなさい!( ‘д‘⊂彡☆))Д´) パーン」
良きツッコミである。

目のまつげを付け足したら予想以上にアイラインが太くなってしまい、イメージからかけ離れてしまったが、最早修正が面倒なので目のメイクはココで妥協終了!
お次は唇を塗ったが、唇のピンクの部分はサッと終わったのに対し、茶色の部分がなかなか上手い事描けなくて苦労した。その辺は鏡で反転するとよくわかる。img_20160719_145054
撮った場所が違うから光の加減で色が変わってるように見えるけど上の写真と同じブツよ!
リツ「色が違うから別のヘッド使ったように見えたわ……」
俺氏「写真撮影は全くの素人ですので」
だからあまりツッコまないで頂きたいwww

唇が塗り終わって、メイクが乾いたらコイツをブシューッと吹付けてメイクを保護。
ついでにパステルの乗りも良くなるとか。どっかのブログで書いてた
22482
気をつけて欲しいのが、コイツはラッカー塗料でメイクに使った塗料はアクリル塗料
アクリル塗料の上にラッカー塗料を塗ると下のアクリル塗料を溶かしてしまうのでご注意エアブラシなら上手い事重ねられる事もあるが
俺氏「ソフビ専用のVカラーは特に問題ないらしい」使ってみても良いかも
リツ「ここでメイク崩れなんかしたら目も当てられないわね……」
どうしても気になる場合は水性トップコートもありかも。防御力は下がるが

尚、ラッカー塗料の上にアクリル塗料を塗るのは全く問題ない。メイクの下地がラッカー塗料なので、下地を侵さないアクリル塗料でメイクをするのは当然の話か。
同じラッカー同士の場合は多少侵食される。同じ種類やからしゃーない
俺氏「つまり修正がしにくい。ほぼ一発勝負」
リツ「だからMr.カラーは慣れた人向けなのね」
あくまで個人的な意見です。

一度に厚塗りするとコイツがメイクを崩してしまう危険性が非常に高いので、メイクが完全に乾いた後、薄~く3~4回位に分けて塗り重ねていく。表面がちょっと濡れたぐらいでちょうど良いと思う。
リツ「濡れちゃったぁ~♡ あ・せ・で♡」
俺氏「もっと色っぽく、誘うように!」
何の訓練してるんすかwww

そして、パステルをカッター何かで薄く砕いて、コットンに乗せて顔面にこする!
するとアラ不思議、顔に赤みが出てまいりました。
img_20160719_235928
隣りにあるDDH‐06で練習してから本番。6番ヘッドは犠牲になったのだ。南無…
リツ「持ってるなら化粧用のブラシとか使っても良いみたいね」
俺氏「コットンで我慢しなさい」
リツ「ぶー!(ㆀ˘・з・˘)」
そもそも化粧用のブラシって何があるか知らぬ存ぜぬ!

こんな感じで一先ずメイクは終了
ブログだからあっさり終わってるけど、メイク開始からここまで3日ぐらいかかってるんよ。最初の1日寝たけどwww
連休ぶっちぎって平日まで行ってしまったwww
1時間やそこらで終わる奴らは何者だ!!?
img_20160720_101559
しかし、手順としては

  1. ヘッド洗う
  2. アイライン下描き
  3. アイラインメイク
  4. 唇塗る
  5. パステル

だから実際そんな作業量多くないよな。書き直しまくっただけで。
リツ「つまり、マスターの作業に問題が……」
俺氏「シャラップ!!」
やはり慣れてないと時間がかかる。

さてさて、メイクが終わったらアイ(目)を取り付ける作業に入る。
ひっつき虫やSDの瞳パテ等で仮止めして位置を調整。
(・∀・)イイ!!と思ったらポチッとお願いしますグルーガンで完全固定!img_20160720_104730
これでもかってくらいグルースティック使ったのでリツちゃんの脳は中身が程よく詰まってます♪
リツ「頭にスポンジだかポップコーンだか詰まってる人間多いわよねぇ」
俺氏「ウム。『知的な』人間はいろいろと大変そうだ」
俺氏みたいにバカだと人生楽しいwww

お目々の取り付けが終わったら、カツラウィッグからの色移り防止になるのかどうかわからないけど、DOLKのシリコンキャップL(9~10inch)を被せる。少なくともボークスの布製キャップよりは良いimg_20160720_105728
友情出演の重巡洋艦、足柄さん
足柄「戦闘が!勝利が!私を呼んでいるわ!!」
リツ「あの……隣でうるさいんだけど」
俺氏「大丈夫だ、イベント最終海域に投入するから」
艦これのイベントは現在E2攻略中です。先行組に感謝!

そして、デュラハンだったボディに頭を装着し……!img_20160720_110353
ヅラ
ウィッグを装着!!
おお、こんにちわリツちゃんよ!!
img_20160720_112242
リツ「ん……? あなたがアタシのマスター?」
俺氏「その通り、私ははみㄘん! 運動にスポーツに青春を燃やす、心優しいナイスガイさっ!!(-ω☆)キラーン!!」
リツ「運動もスポーツも同じでしょ!?」
そこに気付くとわ!!流石に俺氏が見初めただけはある。

髪を整えて……

【朗報】メイク、完全終了のお知らせwww(画像あり)

というのはともかく、失敗したとか言ってるけど結構見れるっしょ?
ほら、ドールって人間と違って顔が整ってるからメイクが多少アレでも可愛いのよ♡何気に酷いこと言ってる
img_20160720_122548
この時はアゾンのワックスを使って真ん中分けにしたが、すぐに崩れるので(´Д`)モウイイヤ… 使い方が悪いだけかもしんない
俺氏「リツちゃん、ようこそ地球へ」
リツ「いや、アタシも地球生まれだから」
火星生まれだったらそれはそれで怖いwww

そして、お迎えを記念してチョコクリスピーを与える俺氏。この後スタッフが美味しく頂きました
img_20160730_080513
リツ「チョコクリスピー食べたいのに食べれない……(´・ω・`)」
ドールやからしゃーない

ちなみに、少し見えにくいだろうが、爪も塗ってある。
ここで使ってるのはMr.カラーのキャラクターフレッシュ2(ピンクっぽい色)
流石にこれは失敗のしようがないので、迷わずMr.カラーを選んだ。さっき撮った写真とか言わない
cimg1306
リツ「腕の『73』は描いてくれないの?」
俺氏「テープで我慢しなさい」
次のメイクでまとめて書くのはアリか。スキンテープが無駄になっちゃう…


…とまあ、コレが俺氏の初めてのメイクでした。
まあ、リツちゃんも言ってたように、初めてにしては上出来かな……と思う。
リツ「上手い下手はともかく、完成させなけば話にならないと思うの」
俺氏「ギクッ!!」←途中で描くの止めた絵が結構ある。
時間かかるけど完成させようか……

ちなみに、ほっとんど写真撮ってなかったんだけど、こちらが2回目のメイク終了時のリツちゃん。顔と目は同じものを使用、塗料にファレホを使ってみた(唇のピンクのみ造形村アクリルカラー)色が無かったんや
1回目の失敗を踏まえ、アイラインを細くしてイメージ通りに塗る事が出来たが、ファレホの黒がMr.カラー薄め液では落ちにくくて顔が黒ずんでしまったという悲劇。
img_20161012_220718
リツ「゚(゚´ω`゚)゚。ピー!!」
俺氏「ヨシヨシ( ,,´・ω・)ノ”(´っω・`。)」
落ちにくいというのはメイク崩れがしにくいとも言えるので、一概に悪いとは言えない。

しかし、よく考えたらメイクの修正に使うリキテックスリムーバーやMr.カラー薄め液は下地のラッカー塗料ごとメイクを落とすから、修正もアクリル塗料用の薄め液を使った方が良いのでは……?消しやすいかどうかはともかく
リツ「下地が落ちたままやり直しを繰り返したから黒ずんだのかしら?」
俺氏「恐らく。この辺は試してみる価値がある」
まずは持ってるタミヤカラー薄め液で実験してみるか。え、今やれって?

ただ、多少顔が黒ずんでいるとはいえ、これぐらいアップで写しても目立たないレベルなので、腕の低いうちはある程度妥協しても良いかもしれない。
img_20161112_122513
え、質の悪いカメラ使ってるんじゃないかって?
それは……その……゚(゚´ω`゚)゚。ピー!!
リツ「まあ……これはスマホで取った写真だし、多少は……ねぇ?」
俺氏「スマホは2年前、普段使ってるデジカメも7~8年前のものだぞ?」
CASIOのEX-Z400で価格は3万ぐらい。ドールオーナーはカメラも沼るとか何とか……

そんなこんなでもう話題がないので今回はこの辺でお開きと致します。
嗚呼、もっと上手くなってリツちゃんを更に可愛くしてあげたい。無論、今も可愛いが
次のメイクはいつやろうかね~?
リツ「なるべく早く!年内に!」
俺氏「年末はヒマだからありだな」
実家帰ってもやること無いしネー!おまけにドコ行っても人多い

最後にちょっと……

まあ、こういう講座的な事を書く場合、ちゃんと書けてるのかな?って少し不安になるんだけど……
「何言ってんのよ♪ 誰もアンタのブログに期待なんかしてないんだから、気にせず好き勝手やったらいーのよ!!」
心の中のオカマに叱咤激励されたので、

ぃみゎかんなぃ。。

もぅマヂ無理。。

マリカしょ・・・

ブフォォォォォォオオンwwwwwwwwヒャッッッハァァァァアwwwwwwwwwwwwwww的な講座になっても気にせずやっていこう。うん。オカマは強い
俺氏「そういえばリッちゃんも公式でオカマだった」
リツ「お……オカマじゃないもん!女の子だもん!!(´;ω;`)」

こんな可愛い子が女の子のはずがない!!いやその子ドール……

img_20161018_090310
脳内オカマ「やだも~♪ 男だとか女だとか関係なく自分らしく生きればいいのよ、周りが何と言おうとね♡ アンタが自分を女の子だと思ってるんなら女の子なのよ。胸を張って生きなさい♪」
リツ「そ、そうよね! アタシらしく……ありがとう、オカマさん!!」
脳内オカマ「あらやだ、ママって呼んで♡」
俺氏「全身筋肉の塊のような筋肉隆々の身体にフリルとリボンのフルコースのような白とピンクのロリータファッションのオカママジ強え」
想像したら物凄いオカマだったwww

脳内オカマバーの有用性を説いた所で、さよ~なら~♪(・∀・)ノシ
リツ「またね~♪ ヾ(*´∀`*)ノシ」


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする