凛々子ちゃんのドールメイク!

Good morning!!
Ritsu Dream Life☆はみ(๑╹ω╹๑)ㄘんデース!
今日も何かを盛り上げるためにガンバリマース!!
リツ「何を盛り上げる気なのかしら?」
Lily「盛り上げると言ったらやっぱり、ほら……アレよ♡」
凛々子「乙杯ですね!凛々子にも一発ドーンとお願いします!」
逆にベコッと凹ます事も可能www


5ヶ月の間、ただの物置きと化していた俺氏のデスクだが、ようやく再開の時が来たなw

Lily「マスター、たまにはお掃除しなきゃダメよ☆」
リツ「アタシ達の服もきちんと整理してクダサイ…」
ごめん、自分の服と同じような扱いになってる。


約5ヶ月ぶりのメイク!

という訳で今回は5ヶ月ぶりにメイクをやります!
気になる対象者は……

凛々子くん、キミだ!!


凛々子「最近寒いですね~。クッションの中はぬくぬくです♪」
リツ「今回の主役なのにのっけからダメになってる……」
ドールをダメにするクッションwww

唯一、新品ではなかった娘。

そもそも凛々子ちゃんはリツちゃんとLily殿の余りパーツで組み立てて、ドールとしての形を成してからヤフオク里子に出す予定だった。
……ので、この凛々子ちゃんのメイク、実は何も考えずにやったものだったりするwww

凛々子「ホントですか!?えっちな事も考えてなかったんですか!?」
Lily「その辺については怪しいわね……尋問かしら?」
何でそうなるの???

しかも、今まですっかり忘れていたが、このヘッドはVカラーの実験台に使われた挙句、額に「肉」と書いて遊んでいた事もある逸品だったりするwww

リツ「ああ、そういえばそうだったわね……」
凛々子「ヒドいです、悪魔の所業です」
Vカラーについてはこちらから♪
DDメイクでソフトビニール専用の塗料「Vカラー」を試してみる。

で、凛々子氏を正式に迎えて3ヶ月。そろそろキャラも固まってきたので新品のヘッドを使ってちゃんとイメージを考えたメイクをしてあげる事にした!
リツ「あれ?お迎えから5ヶ月ぐらい経ってなかったっけ?」
Lily「凛々子ちゃん完成が7月でお迎えは9月だったじゃない」
そう、では8月は…… 売れなかった?

実は気に入ってますwww

実は俺氏、現在の凛々子氏のご尊顔も気に入ってるので、最終的に07ヘッドに戻ってくる可能性も十分に有り得るwww

凛々子「凛々子、07から旅立つんですね♪」
Lily「リッちゃんは07から旅立って、そのまま帰って来なかったわ……」
リツ「何でアタシが行方不明者みたいな事になってるのよ!?」
09という安住の地を見つけたのだ。しかしヘッドが手に入らん…

まずは下準備から!

今回は載せますw

久々のメイクなので一応、下準備から載せておこう。
今回使うヘッドはこちら!

DDH-06!!


凛々子はオビツドールなのに何の躊躇いもなくDDヘッドを使う俺氏www
リツ「オビツヘッドはちょっと幼い感じがするのよね」
Lily「このヘッドは可愛い系ね。ふふ、期待できそう♪」
Lilyさんがアップを始めましたwww

ちなみに俺氏はメイク時に手の汚れがヘッドに付着しないように使い捨てのビニール手袋を着用しております。

プラモの塗装と同じように、手の脂で塗料のノリが悪くなる事があってな……
凛々子「ダメですよマスターさん、ノリの良さは人生には大切です」
Lily「そうそう、ノリが良いとチャンスも掴みやすいわよ♪」
何で人生の話になってるの??? 恐るべし凛々子マジックw

洗う!

まずは製造時に付着している剥離剤を落とすために中性洗剤とメラニンスポンジでゴシゴシ洗う!台所洗剤でおk♪
これをやる前に洗い物が残っていたのは言うまでもないwww

ついでに心とパンツの汚れも落としておきましょう。
凛々子「パンツの汚れは心の汚れ。凛々子、また一つ賢くなりました♪」
リツ「でも、マスターの心の汚れはそんな生ぬるい物じゃ落ちないわ!」
心のパンツが弾け飛ぶぜヒャッハー!!

コーティング!

その後はタオルで拭いて乾かし、水気が無くなったら最初のコーティング!
余っている半光沢スプレーブシューーーーー!!!!

リツ「え、つや消しじゃないの!?」
Lily「メイク前は何でも良いってマスターが言ってたわ」
どうせメイク修正しまくって消えるしなw でもつや消しが一番良い

コーティングが終わったら丸1日ぐらい乾かします。
ラッカー塗料だからすぐ乾くけど念のために、な。

クマ「乾燥中は私が見ていよう。安心するがよい、主よ」
凛々子「クマさんが渋いです!」
クマー

いざメイク開始!!

もはや恒例となっている感があるが、オーディエンスを配置して……

凛々子「はぅ~♪Lilyさんの膝枕です。これはもはや桃源郷ですね♪」
リツ「今日の凛々子は何でもアリね……」
俺もLilyさんの膝枕にうつ伏せで( ˘ω˘)スヤァしたい……

まずは下描きから!

今回はファレホのライトフレッシュで下描き!
筆はボークスの青い筆の一番ぶっとい奴を使う!1000円する筆…

最初は細いの使ってたけど、意外と使い勝手が良いからもうこの筆に定着した感があるな。
リツ「流石に細かい所は一番細いのを使うわ」
Lily(リッちゃんを筆で<ダキュンダキュン!!>してみたいわね♡)
筆で何をする気ですかLily殿www

ほい、下描き終了。当然の如くダイジェストw
初めてのヘッド&久々のメイクなので結構時間がかかったが、まあ及第点ですw

ファレホで下描きするのも悪くはないが、もうちょっと手軽な下描きペンとか欲しいなぁ…
リツ「ボークスのアレは色移り必至だから使えないしね」
凛々子「そんなことありません!ボークスさんのペンだって一生懸命生きてるんです!」
いや、アレは無機物だろwww

本メイク、行くぜ!

凛々子ちゃんには前回、造形村アクリルカラーを使ったが、今回はファレホのBrownでアイラインを塗ることにした。

凛々子「もう終わってます!終わりの始まりです!」
Lily「そう、これは終わりじゃない……始まりなのよ!」
どっちかというと中間地点だよ?

…まあ、例によって大量の爪楊枝がお亡くなりになりましたけどねw
凛々子「ううう、凛々子のためにこんな……えっちな本をお供えしますね」
リツ「いろいろ突っ込みたいけど、とりあえずえっちな本は仕舞っておきなさい」
お供え=えっちな本という凛々子の固定観念を何とかしたいw 俺のせいやwww

造形村アクリルカラーも悪くはないが、やっぱりファレホの方が使いやすいな。
爪楊枝で細かい作業がやりやすく、修正にラッカーシンナー(Mr.カラー修正液など)を使わなくてもいいってのが大きい。
リツ「ラッカーシンナーだと下地ごと消しちゃうのよね…」
凛々子「まさにデストロイヤーですね。Love and destroyです♪」
臭いもキツイからマスク&換気必須。寒い時期は死ぬw

お次は口の線を…!

簡単そうで難しい口の線の部分。
最初はオールドローズを使ったが、あまりに色が薄かったのでレッドを足してみた。

結果、前回と大して変わらん色にwww
Lily「そして、かかった時間も結構……」
リツ「何でこんなに線がズレるのよ?!?!」
唇を上手くメイクできる情報求ム!!

これで塗り作業は終了。
次のパステルメイクに向けて再度コーティングを施し、丸一日干す!

凛々子「ジョジョに奇妙に凛々子の顔が出来上がってます!」
Lily「┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨」
ボ ボ ボ…… こんなんどっから見つけたんや?www

そしてお化粧です!(パステルメイク)

さて、コーティングが乾いたらパステルメイクに入る。
いつものように唇をマスキングして、ついでに今回はアイシャドーも塗ってみるのでお目々にもマスキング♪

凛々子「何だか変な仮面を着けてる感じです。仮面ライダー凛々子です!」
Lily「いえ、寧ろこれは悪の女幹部って感じだわ」
エロいコスチューム着て登場するんですねわかりますw

先生、できました!07ヘッドは犠牲になったのだ…


凛々子「早いです!すぴーど違反です!捕まります捕まります!!」
リツ「マスターはスピード違反で捕まった事無いらしいわよ?」
俺氏、セーフティドライバーですので。

最後につや消し塗ってパステルを無理矢理定着させ、乾かす!
本当は丸一日乾かした方が良いのだが、もう完成間近で気分が高揚しているので小一時間ほどで次の作業に入る!

リツ「いよいよ完成ね。どんな顔になるのかしら?」
Lily「今までにないタイプの顔である事は間違いないわ(*´Д`)ハァハァ♡」
お目々とウイッグ次第だなぁ。

ボークスのメイクレッスン本はいいぞ。

ちなみに余談ですが、パステルメイクに関してはリツちゃんお迎え時のメイクからずっとコイツを見ながらやっています。
お化粧のやり方全然わかんねえんだYO!!

リツ「この辺は女性の方に分がありそうよね」
Lily「人間用の化粧ブラシ使ってる人もいるみたいだし」
この本はボークス製品の中でも相当役に立つ物だと思う。

仕上げ&アイのハメ込み。しかし…!?

さて、1時間ほど経ってコーティングが乾いたら、ファレホのグロスヴァーニッシュ(艶出し)を唇とアイラインに塗って……

メイク終了!!


凛々子「たいちょー!乙であります!」
Lily「じゃあ私は丙ぐらいにしておこうかしら」
何で艦これのイベントの難易度になってんねんw

後はアイのハメ込みだが……?

ここまで来るとお目々をハメ込んで固定すれば終了だが、その前に予期せぬ事態が!
何と、06ヘッドのアイホールに24mmアイはキレイに収まらず、しかも中でアイ同士が干渉しているではないか!?

07と09はアイを削らないと24mmアイは取り付けられないが、まさか06もだったとは…
凛々子「今の凛々子と同じですね♪」
リツ「やっぱ22mm辺りが無難な所かしら」
しかし、06ヘッドはボークスアイだと24mmが一番しっくり来る。

じゃあもう削るのめんどくさいし、妥協案として20mmのオビツアイでいいかな?
オビツのアニメアイは20mmが一番大きいサイズやねん…… これの22mmが欲しかった

パッと見た感じ、悪くは無さそう。
しかし、眼球の大きいオビツアイとはいえ、06ヘッドには小さいように見える。


もう一つ大きいのがあれば……!
リツ「おとなしく24mmアイ使えば良かったんじゃ……?」
Lily「ウィッグを被せてみないとわからないわね」
他に代わりがないのでコイツで突っ走ります!

という訳で取り付けますw

まあいい、イメージに合わなかったら交換すりゃいいので、とりあえずオビツアイでGO!!
マスキングテープでとりあえず落ちないようにして…

ひっつき虫とグルースティックで完全固定!!

オビツの首パーツも取り付けましょう。
いや~、無改造で取り付けられるから楽チン楽チン♪

最後に頭にフタをして……

完成!


旧ヘッドと並べてみましたw
リツ「おお!こうして見ると全然違う!!」
Lily「凛々子ちゃん、意外と美人さんだったのね」
何であんな可愛い系になったのか謎なレベルwww ウィッグか?

いよいよ完成、ネオ・凛々子2018行きます!

では、ウィッグを被ってボディを装着……!

ギョロッ!!

……凛々子さん、何かお目々怖くありません?
凛々子「そんな事ありませんよ?ちょっとスーパーサイヤ的に覚醒しちゃっただけです☆」
Lily「だったらウィッグも金髪を用意した方がいいかしら?」
いや、目が赤いからピンクとかいいんじゃね?意味不明w

怒ってません?

ん~、何か目が赤いと怒りに満ち満ちてる感がありますが凛々子さん、怒ってませんよね?

凛々子「もちろん怒ってませんよ、凛々子は天使のような優しさと菩薩のような慈愛を併せ持つ女として知られていますから♪」
リツ「そして、天衣無縫たる訳の分からなさも併せ持っている…」
天然でフリーダムなんだよ、凛々子は。

まあ、メイク自体が失敗した訳じゃないし、前のヘッドの印象が強いから慣れてないだけかもネー!
ちゅー事で、しばらくはこの顔……と言うか、このお目々でイカせてもらいます!
リツ「24mmアイを削るのが面倒なのね…」
Lily「妥協された可哀想な凛々子ちゃん…(ノД`)オヨヨヨヨ」
違う、断じてめんどくさくなった訳じゃないのだ!と言い訳するw

劇的!凛々子のビフォーアフター♪

せっかくなので新旧の比較をしてみた。
こうして見ると、ホント06ヘッドと07ヘッドで印象が大きく変わるんだな。

リツ「言いにくいんだけど凛々子、顔と身体が丸くなってぽっちゃりした印象が…」
凛々子「凛々子は太ってませんよ!あと、身体は座布団です!すごく暖かいんですよ?」
身体はともかく、ヘッドは07や09と比べると丸いな。

以上、凛々子氏のメイクでした♪

すっごい久々のメイクでどうなるかと思ったけど、大きな失敗も無く無事に終わりました☆
やはりブランクがあっても多少経験値があれば何とかなるもんだなw

お目々がちょっと…

とは言え、今回はアイの選択を間違えたように思える。
いや、赤系の色にしようかなと思ったんだけどさぁ……

下から見たらすげえ怖えーよw ┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨
凛々子「マスターさんを見下す呪いの人形です!」
Lily「その筋の人達にはたまんない表情でしょうね」
残念だが俺はその筋の人に該当しないんだ。されたらアゴに一発入れるレベル

まあ、お目々はメイクと違ってわりと簡単に取り替えられるので、また時間があればやってみようかなと思う。…ヘッドと24mmアイのケズリを。

リツ「ここまで用意しといて結局やらなかったとは……!」
Lily「アイホールの削りはともかく、アクリルを切るのが結構大変なのよ」
プラモに使うような小さいノコギリとか持ってないからなぁ… カッターとニッパーでやる

まだ新品ヘッドがありますw

ところで諸君、我が家にはまだ新品のヘッドが2つある。
これがどういう事か、わかるかね?

凛々子「転売してお金に変えちゃうんですね♪」
リツ「違うわよ!マスターはそんな意地汚い事しないわ!」
普通に流通している物を転売してもなぁ… とりあえずswitchの転売屋は氏んでくれ

07ヘッドはたぶんLily殿のメイク用。そして10ヘッドは……なまこ?
リツ「何でやねん!?!?」
Lily「リッちゃんか凛々子ちゃんの予備ヘッドかしら?…にしては幼すぎる気がするけど」
さあ、どうなんでしょう?真実はニブルヘイムの中

まあそれは先の話なのでOIOIわかる事でしょう。それマルイや!!
最後にもう一度、荒ぶる赤い瞳の新しい凛々子ちゃんを掲載して……と

では、今回はこの辺で失礼しま~す。
さらば! (`・ω・´)ノシ
リツ「またね~♪ (*´∀`*)ノシ」
Lily「バイバイ♡ (⌒▽⌒)ノシ」
凛々子「ではでは~☆ ( ´∀`)ノシ」


何度も言うけど、この07ヘッド凛々子氏も個人的に気に入ってるからね!
戻って来る可能性も十分あるからね!

凛々子「このまま凛々子をお外に連れ出すなんて羞恥プレイです!」
でもそれ外すと寒いよ?こんな雪の日に外出てる奴なんぞおらんがw


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. めー より:

    凛々子ちゃんずっとクッションつけてますやんw
    7番と6番はだいぶ変わりますね。自分は6番大好きなんで好みですけど7番の凛々子ちゃんもいい(( ˘ω ˘ *))フム
    勉強になりましたよまた!パンツの汚れは心の汚れφ(*’д’* )

    • GoriasHami3 より:

      家で眠っていたクッションがまさかの大活躍ですw
      ヘッドの選択はなかなか難しいところがありますね。どちらもそれぞれ特徴があって(・∀・)イイ!!みたいなw
      ただ、07ヘッドはLilyさんがいるので凛々子ちゃんはこのまま06で行きたいとは思っています。
      そして、パンツの汚れは……ノーコメントでwww