リツちゃん達と京都ドルパ(と伏見稲荷大社)に行ってきたよ!

おいどんは、はみさんでごわす♪
リツ「波音リツでおます♪」
Lily「Lilyどす♪」


久々に動画投稿したので宣伝!
春の訪れのせいか、下半身露出の事案が増えているように思えますw


2017年3月12日、京都ドルパ!

さて、今回は京都ドルパ……
正式名称:ホームタウンドルパ京都14に行ってきたので、とりあえず写真をうpっていく。

場所は京都パルスプラザ。今回はどんな出会いがあるのだろうか?
ドールマスターたる誇りを胸に、突入する。
リツ「名古屋以来のドルパね」
Lily「私はイベント自体初めてだわ」
そういやそうだった。

という訳で、入場した後、しばらく回ってから、端っこの方でリツちゃんとLily殿をカバンから出す。
他のドールイベントみたいに◯時まで出しちゃダメとか、撮影スペース以外ではドール出さないでという決まりは無いみたい。

Lily「ところで、私はボークスのドールじゃないけど良いのかしら?」
リツ「あ、そういえば。……良いんじゃない? たぶん」
ヘッドがDDだから良いんだYO!! つか、着込んでるから見分けがつかんだろw

リツちゃんにクリスマスプレゼントのドレスを着せて再出撃。
実は家で着せるの忘れててんww

リツ「もう、マスターったら……恥ずかしいじゃない」
Lily「ふふ、キレイで可愛いわ、リッちゃん♪」
あまり着る機会が無いのが難点。


ドルパ内部はこんな感じ

まあ、ドルパ内は結構写真撮ったんだけど、人も多く写ってて修正がめんどくさいので、あまり人が写っていない写真を上げておこう。
尚、撮影スペースに該当する所は撮ってません。お金払わんとイカンし。
リツ「出た、マスターのドケチ根性」
Lily「そもそもあのスペース、私のような庶民にはキツイわ」
リツちゃんの使用人というポジションでもええんやで♪

ドルパの盛況ぶりはこんな感じ

一応、顔面を修正してリツちゃん、Lilyちゃん視点で撮影したのも上げておこう。
これぐらいなら許されるであろう。

Lily「あら、何ともアクロバティックな娘がいるわね♪」

スタンドを改造したのだろうが、なかなかにすごかった。


リツ「あのバイク、マスターのより凄い……!」
それ以前に60cm級にちょうどいいバイクの模型があったとはな……!そんなサイズのプラモはないからラジコンか?

テトさんと♪

…とまあ、ドルパはこんな感じで盛況だったワケよ。
で、私がツイッターでフォローしているヒズミ氏のサークル、「すーぱーしーぷ!」にて、重音テト殿と写真を撮らせて頂きました。ありがとうございます。次は健音テイ作るとか何とか……

簡単に立たんので、リツちゃんは座らせました。
Lily「あぁ……リッちゃん可愛い♪(*´ω`*)」
リツ「LilyもMEIKOと一緒に撮ってもらえばよかったのに」
そこまで要求するのは流石に図々しい。でもめーちゃんも可愛かったお♪

ここでワタクシ、名乗るのを忘れていた事を、このブログ書いてる最中に気が付いてしまいましたw
ん~、今度会った時に名乗るか。
リツ「その時はちゃんとアタシの衣装、用意しなさいよ」
Lily「あら、公式衣装持ってなかったの? それなら、早く作ってあげてね」
諭吉30人という先駆者がいるので、事は慎重に運ぼう。はよ集めい!

ドルパアフターは、伏見稲荷大社へ!

さて、ドルパを満喫したら次はどこへ行こうか?
ドルパの開催された京都パルスプラザは伏見区にあるため、伏見稲荷が近くにあるんじゃね?
という安易な理由で行ってみることに……

アフターとか言っているが、ぼっち紀行である♪

リツ「馴れ合いを良しとしないその姿勢、共感するわ」
Lily「……と言うか、このマスターが他の誰かとどっか行く姿が想像できないわ」
単独行動が多いので、俺氏は実は猫なのかもしれない。そんなバカな!?

さて、パルスプラザから伏見稲荷だが、グーグルマップ見たら結構離れてるんよね。
縮尺から計算するに、だいたい3~4kmぐらい離れてて、歩いて行くと1時間ぐらいかかりそうなので、京阪の駅まで歩いて行って、おけいはん(京阪電車)伏見稲荷駅まで行きました。
リツ「鶴見-川崎間を歩いて行った人が何を言ってるのやら……」
Lily「私はその時、まだいなかったわね」
あの時は朝で時間と体力が有り余ってたからな。ウォーキングシューズ履いてなかったのもある

ちなみに俺氏、地元は兵庫県で、かつては京都の中心部まで1時間ぐらいで行けるような所に住んでいたのだが……

実は、伏見稲荷大社は一度も行ったことがない!

……と言うより、何故か京都にはあまり行かないんだよな。神戸大阪はよく行くのにね!


そして、伏見稲荷に到着!

さて、こっからはもう完全にドルツーのノリである。
着ているのはバイクのジャケットではないが、ドール2人を抱っこして歩く程度のメンタルは持ち合わせている。
京阪から来たが裏参道商店街ではなく、何故かJRの真ん前にある楼門から征く!

カバンから出して写真撮ってたら、後ろから外人さん(たぶんアメリカ人)が、Oh.Beautifulとか言って「Picture? Picture?」みたいな感じで写真を撮りたそうにしてたので、快く撮らせてあげたw
Lily「そう言えば、ここは外国人が多かったわね」
リツ「えっと……Lilyは寧ろ、そっちの人達に近い気が……」
普通にLilyみたいな金髪の外人とか多かったぞ。チャイニーズばっかりの大阪とは大違いだ!

続いて本殿に突入!
まずは財布にある小銭を適当にバラ撒いて祈祷!
Lily「私は見たわ!マスターが100円玉を財布に入れ直す所を!」
リツ「1円~10円玉だけバラ撒いてたわね」
賽銭は余った小銭の処理に使ったりするw

基本的に2人を並べて左腕に座らせていたので、写真はだいたい2人並んでいる状態。
リツ「ドルパでトートバッグに2体入れて持ってる人いたわね」
Lily「あと、カゴに座らせてたり、ドームの付いた宝箱のようなカバンの人もいたわね」
みんないろいろ考えてるよなぁ… 俺氏は腕に座らせるパワープレイ


さて、このまま奥へ行きます

公式ページの地図で見ると俺氏は本殿→千本鳥居→奥社参拝所→熊鷹社→三ツ辻というルートを歩いている。

ずいっ!アオリで撮るとなかなかw
リツ「マスター、何でこんなアングルで撮るの?」
Lily「後ろのキツネと鳥居を無理矢理写真に収めたいみたい」
通行人が写らないようにする涙ぐましい努力w

まずは千本鳥居から!

まず行ったのが、あの有名なズラ~っと並んだ赤い鳥居「千本鳥居」

そして、千本鳥居に侵入!
2人を上手く配置して通行人を消しながら撮影w プライバシー保護のためです
リツ「ホント、器用に撮るわね」
Lily「しかも、私とリッちゃんを常に密着させてくれて(*´Д`)ハァハァ♡」
すました顔で何言ってるんすかLilyさんw

何か、一定の間隔でこんなキツネ像あったな。
Lily殿の前髪が乱れやすいので、こういう所でちょくちょく直してたが。


まあ、俺もそうだからあまりどうこう言えないんだけど、結構立ち止まって写真撮ってる人多かったね。人種問わず。
リツ「後ろの人の迷惑にならないようにね」
Lily「マスターは物理的な視野が広いから大丈夫よ♪」
バイクの運転で身に付いた危険感知能力が存分に発揮される。生身なだけにホント危ないからな

奥社参拝所に辿り着き、更に突き進む!

千本鳥居をず~っと行って、奥社参拝所に到着。
まあ、これと言って何も無いので、さっさと次へ向かう。

鳥居をくぐって、今度は熊鷹社方面にGO!!
途中に何かあったので寄ってみる。

写真撮りながらのんびり歩いているのだが、それにしても長い。


この写真の端っこに居る黒いオッサン、連れの女性放っといてめっちゃ猫と戯れてる。
リツ「猫も全然逃げないわね、慣れてるのかしら?」
Lily「ね、ねこ……触りたいモフりたい抱きつきたい……!」
リツちゃんで我慢して!リツ「ちょっと、何言ってるのマスタアッー!!」

ず~っと進んで登って、何やら池に出る。地図で見ると新池かな、たぶん。

この時点でも結構歩いたのだが、まだまだ先は長いのだ!
リツ「行けども行けども見えるのは鳥居と階段……」
Lily「ねえマスター、髪を整えてくれるかしら?」
ああ、随分乱れてしまったな。


俺氏は普段から鍛えているので何ともないが、老人や運動不足の人にはキツイ神社だなここはw
リツ「マスターも、左腕大丈夫?」
Lily「常に私たちを支えているから、結構な負担がかかってるはずよ?」
最早これは一種の筋トレ。筋持久力が鍛えられるぜヒャッハー!!

ようやく中間点、四つ辻にたどり着く!

とりあえず、何か拓けた所に来た。夕日が眩しいぜ!

ここは四つ辻なんだけど、休憩所とかあったし、かなり登ってきたから「おお、ようやく山頂か!」と思うところですが、実はまだ半分ほどしか来ていないという絶望感を味あわせてくれる罪深い看板がここにwww


ここに来るまで1時間以上かかってるからなぁ。絶望感もマジパナイwww
Lily「マスター、そろそろ休んでもいいのよ?」
リツ「……人もかなり多いけどね」
同じ事考えてる奴多いせいか、休憩所のベンチ埋まってたYO!!

どうでも良いんだけど、リツちゃんが可愛くてLily殿が美しいのでチラチラ見られることが多いんだが、これ人種によって視線の種類がちょっと違うように感じるんだけど何なの?

俺氏が感じた視線の種類。

  • 日本人→何あれオタクキモ~い的な感じ。
  • 白人→よくわからんが、好意的な視線。
  • チャイニーズ:不明だが、何か珍しいものを見るような目だった。
  • 黒人:全く気にしてなさそう。

何でか知らんが、白人がドールに対してやたら好意的で、何人かには写真撮らせて!って声をかけられた。もちろん英語でw
実は前に清水寺行った時も白人数名に写真撮らせてほしいって声をかけられたことがあるので、白人たちはみんなドールが大好きなんだろう(謎の偏見)

会話からcuteとかbeautifulとか聞こえてくるんだぜ……(*´∀`*)おほっ♪
Lily「声をかけられるのは、マスターがアメリカ人と思われているに1000ガバス」
リツ「ああ……日系人や沖縄的な顔してるから」
プロゴルファーのリッキー・ファウラーに似ているらしい。そのせいで親がファンにwww


山頂へ向かう!

四つ辻から三ノ峰方面(反時計回り)から山頂へと向かう。
公式ページの地図参照
かなり登ってるが、脚よりも腕の方がやばくなってきたw 常にドール持ち続けてるからなぁ

Lily「マスター、あと5分よ、頑張って!」
リツ「フレー♪ヽ(・ω・oヽ)フレー♪(ノo・ω・)ノヽ(o・ω・о)ノファイトー♪」
(๑•̀ㅂ•́)و✧グッ!!


そして登頂、お疲れ様でした♪

長々と歩いて、ようやく山頂に着きました~♪
予想以上に時間かかったし、腕がもうヤバイっすwww 脚は大丈夫

リツ「お疲れ様、ちょっとその辺で休んでく?」
Lily「ここまで殆ど休み無しで来てるでしょ?」
確かにそうだが、ここ休むトコねえよwww

ま、せっかくここまで来たのでとりあえず賽銭突っ込んでお祈りでもしておく。

う~ん、15時ぐらいに来たはずなんだけど、もう陽が沈みそうだよ。
時計見てないからわからんけど、17時過ぎとかそんぐらいだったかな?
リツ「2時間歩きっぱなしよね……?」
Lily「それに、ドール持って写真撮りながらだから、普通に歩くより負担が大きいはず……」
脚より腕が先に逝きそうなぐらいだからな。


さて、下山しますか

さて、帰りが遅くなるのもアレなので、そろそろ下山する。が、行きと同じ道は通らない。
公式ページの地図で見ると、一ノ峰から反時計回りで四つ辻に向かう。

リツ「さ、帰りも頑張ってね、マスター♡」
Lily「腕が本格的にヤバくなったらもう私たちを仕舞ってもいいから」
大丈夫、右腕があるから。ヤバいのは左腕

帰りは急坂!

下りだからいいんだけど、反対側から来た場合(四つ辻から時計回り)
この急坂を登るのか……

……というか、歩いてて思ったけど、こっち方面は急坂が多い。
下る分にはいいんだけど、上りだと相当大変だぞ。


Lily「反時計回りを選んで正解だったわね」
リツ「これを全部登るとなると……」
腕だけじゃなくて脚も死んでたなw

途中で御膳谷奉拝所を通過。
下り坂だから早く進んで楽チン♪

こんな所にお山案内図が!
四つ辻から山頂を回って戻ってくるのに30分ぐらいかかるらしい。
リツ「それたぶん、反時計回りで行ったらの話だと思う」
Lily「時計回りのルートで30分はキツイんじゃない?」
行きで体力を全部使ってしまう可能性大!

更にずい~っと進んで……

四つ辻に戻ってきました。
何で来た時より人多いねんwww


リツ「思ったより早く戻ってこれたわね」
Lily「ところでマスター、腕大丈夫?」
大丈夫じゃありません!

下りる前に、ちょっと寄り道

まだ余力が残っているので、こっちの上り階段を行ってみる。御幸奉拝所ってトコか?

特にこれと言ったモノは無かったが、途中にベンチがあったのでちょっと休憩(但し、ドールだけ)
リツ「いや、マスターも休んだら?」
Lily「そうよ、ほら、いらっしゃい♪」
実に魅力的な提案だが、その台詞は家で頼む。

最後に、夕日の沈みゆく京都の街を撮って、帰路につく。

でも、ここまだ全体の半分ぐらいだから、下りるのにも時間かかるぜw
Lily「でも撮影はもういいんじゃないかしら? ほら、メモリももういっぱいだし」
リツ「そもそも撮りながら歩いてるから、腕に負担かかるんじゃ……?」
だって、2人ともちゃんと写したいもん!しかし、カバンは用意したい所


帰りは違う道で

公式の地図より、三徳社は通ったものの、三ツ辻からは行きとは違う道で帰る事に。
つまり、熊鷹社や千本鳥居は通らず、何もなさそうな道を敢えて通る!
……のだが、別に何も無いわけではなかったw

リツ「途中で猫と戯れてる羨ましいおじさんがいたわね」
Lily「私も猫と戯れてみたいんだけど……」
別の場所でやろうとしたら猫が逃げたお……(´;ω;`)この神社猫が多い

行きと違って人も少なく、撮影もあんまりしてないので、わりとサクサク進む。
四つ辻からものの30分ぐらいで本殿に戻ってきた(ような気がする)

この時点でもう18時ぐらいになって結構暗くなってきた。
リツ「遂にこれといった休憩無しで終わったわね……」
Lily「普段から鍛えてるだけに体力あるのね」
でなければドルツーなんぞ出来ん!バイクは身体が資本


いよいよ帰宅、お疲れ様でした

最後に本殿の全景と、楼門を撮って……

楼門を出たところで、2人をバッグに仕舞って帰ります。
お疲れ様でした!


Lily「ドルパがメインのはずだったのに、アフターの方が楽しかったわ♪」
リツ「前に行ったDoll’s Myth.と全く同じパターンね」
あれもイベント後に大阪城でenjoyしてたな~。次のDoll’s Myth.は7月か

そんなこんなで帰路につく。
荷物を置いていたので、途中で実家に寄って帰った為、自宅に着いたのは22時過ぎ。
ホント、マジでお疲れ様でした……(o_ _)oパタッ
リツ「お疲れ様。アタシも眠いわ……( ˘ω˘)スヤァ」
Lily「私も。マスター、お疲れ様♡」
うむ、では一緒におねんね……え、さっさとオフトゥン敷けって?こりゃ失礼

尚、逝きかけた左腕は翌日、筋肉痛に襲われましたwww 脚はそうでもなかった

ドルパを終えて

ドルパの戦利品と感想!

さて、今回のドルパの購入物だが、実はこれだけである。

Lily殿のジーパンと靴下。リツちゃんのと色違いなので見分けはつく。
Lily「あら、ありがとう。マスター♪」
リツ「今回は敢えて5000円未満で行くとは聞いてたけど……」
放っとくと諭吉が全員消えるし、4月の名古屋アイドールもあるからね!6月の大阪も行くと思うが。

感想は?

まあ、流石に大規模なイベントなだけあって賑わってるな~というのが素直な感想。
というか、ドール持ってる人多いんだなって思った。
おかしいな~、イベント以外でドール持ってる人とか殆ど見たこと無いのに……
リツ「たぶん、マスターと違って堂々と抱っこして歩き回ってないのよ」
Lily「そもそも、それを平然とできるメンタルを持っている人が少ないのでは?」
いや、俺のメンタルなどまだまだ弱小。世の中には凄まじく強靭なメンタルを持つ人間がゴマンといる!この前もメンタル面で明らかに勝てんと思った人間を見てしまった。

とまあ、こんな感じです。次のイベントは4月の名古屋アイドールかな?
ざっくりとしか調べてないから何とも言えん。
それに、名古屋まで行くかどうかはちょっとわからんが、行く可能性は十分にあるとだけ言っておこう。
リツ「その前に、Lilyの服」
Lily「今回はボトムスだけだから、後はトップスと下着ね♪」
Dolkで買うのが有力か?ボークスは次点。

さて、随分長くなったが、ここまで付き合ってくれた事、感謝する。
では、今回はこれにて失礼。
さらば! (`・ω・´)ノシ
リツ「またね~♪ ヾ(*´∀`*)ノシ」
Lily「バ~イ♪ (⌒▽⌒)ノシ」


猫と一緒に撮影することに成功。
何かうざそうな顔してやがるぜこの猫……


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. めー より:

    2人とも可愛いな〜(*´艸`*) いや〜、ドルパとアフターお疲れ様です♪2人とも満足の一日でしたね♬ズイの所の2人のドヤ顔には心が持って行かれそうになりました♪カバーも含めてとても楽しく見させていただきましたぜ(o゚▽゚)

    • GoriasHami3 より:

      いつも見てくれてありがとうございます♪ドルパにアフターに充実した一日でした♪
      ピンボケが多いので、近距離では上手く撮れないのですが、何故かまともに撮れてるのがあったので、掲載しました。どうぞ好きなだけ心を奪われて下さいwww
      個人的にはリツちゃんカバーは上手くできたと思っていますが、もっと上手く歌わせられるよう昇進します♪

  2. ことり より:

    はじめまして!今度、里のイベントに行くので夜行バスで早朝に京都に着くので伏見稲荷に行こうと考えていて、ドール撮影したりする人がいるのか気になって検索してました!はみさんのブログを拝見して勇気をもらえました!私もSD撮影を視野に入れて参拝してみようと思います!

    • GoriasHami3 より:

      はじめまして!このブログをご覧頂いてありがとうございます!
      私はこの娘達を抱っこして堂々と歩いていました。伏見稲荷はとても人が多いので、ドールをバッグから出すのを躊躇うかもしれません。
      ですが、ドールと一緒に見て回ったり撮影するのはまた格別ですので、勇気を出して頑張ってください!
      あと、伏見稲荷でドール撮影してる人は結構多いみたいです。

      • ことり より:

        はみさん、こんにちは!返信ありがとうございます!先週、7時前から9時くらいまで撮影に無事いけました!一応、スタッフさんに許可を頂いての撮影だったのですが、早朝は全然人がいなくて正門?で堂々と撮影ができ、人が来るころには千本鳥居の奥の方で撮影したので沢山撮れました!ドール撮影、多いのですか?!それは初知りです(`・ω・´) ですが、このようにブログで紹介して下さるのはやはり検索する側としても非常に助かりました!本当にありがとうございます!

        • GoriasHami3 より:

          こんにちは!満足のいく撮影ができたようで何よりです!
          やはり、人の少ない時間帯を選ぶのが一番良いですね。
          ドール撮影、私みたいに常に抱っこして……という人はなかなかいませんが、人の少ない所でこっそり撮ってTwitter等に投稿したりする人は多いです。
          私も好き勝手にブログ書いてるんですが、正直、人の役に立てるとは思ってませんでしたw
          こう言ってくれるとブログ書いてて良かったな~って思います。
          ありがとうございました、これからも楽しいドール撮影ライフを♪