リツちゃんとLilyちゃんがキャッキャウフフするだけのお話

どうもはみさんです♪
リツ「波音リツよ♪」
Lily「Lilyよ、うふふ♪」


こう……いつでもリツリリを見れるのはアッアッ……(*´Д`)

本日のお話は?

ぶっちゃけ無い。
一応、このブログはそれぞれテーマに沿って書いているのだが、たまに何を書いたら良いか全く思い浮かばないこともある。

そして、今がその時なのだ!!

リツ「胸を張って言う事か!?」
Lily「ま、そういう事もあるわよね」
Lily殿が入ったので俺氏のコメントは退場であるwww Lily殿の文字色は青で


そういえばドルツーはどうしたの?

このブログは元々リツちゃんカワイイ(*´Д`)ハァハァという俺氏の欲望を垂れ流すために立ち上げたのだが、たまにドルツーに行って、その写真をひたすら上げようと言うのも考えていた。
リツ「ブログ立ち上げの理由が果てしなく不順な件について」
Lily「更に、普通なら無料ブログ使うのにWordPressという謎」
無料ブログは広告がうざい。めっちゃいらん所に広告突っ込んでくるからな

ブログを立ち上げた時期が10月の終わりとかバイクに易しくない季節な上に、冬の間は雪や凍結で走れない事が多いのでバッテリー外して封印しているのよね…… 冬タイヤ必須地域
リツ「立ち上げた時期が悪かったわね……」
Lily「でも、私もドルツー行ってみたいわ。リッちゃんと一緒に」
60cm級ドール2体を背負っての運転はしんどいのでシートバッグ買わないと…… しかもデカイやつ

ドルツーの再開は恐らく3月半ば。
まあ、いっつもこれぐらいの時期だけど、時期的に京都ドルパにバイクで行くのはややキツイか?寒さ的に。
Lily「そう言えば私はオビツボディなんだけど、ドルパ行ってもいいのかしら?」
リツ「言われてみれば……ねえ、マスター。何とかなんないの?」
旧リツちゃんボディ(DD)があるので換装すれば問題なしwww たぶん、オビツのまんまで行くけど


そうだ、お迎えしたばっかりのLily殿を撮影しよう!

めちゃくちゃ思いつきでしかないんだけど、せっかく2月5日にLily殿が我が家の家族となったので、リツちゃんとLilyちゃんが仲良く戯れている姿を晒すだけのお話にでもしましょうかね~♪
Lily「あら、良いじゃない♪」
リツ「ちょ、ちょっと待ってよ!?!?」
良いではないか、別に減るものではないしwww

という訳で、今回はリツちゃんとLilyちゃんがキャッキャウフフして俺氏が幸福を感じているだけの内容となります!つっても俺氏の部屋の中限定だけどな!
Lily「あ、でもボディタイツがちょっと小さくて、大きく動くとビリっと行っちゃうから、あまり動くなって言われてるの」
リツ「丈がちょっと足りないんだって。オビツ用のボディタイツもどこかで売ってるみたい」
DDと同じサイズかと思ったらオビツ60の方が脚が長かった。お陰で1枚犠牲に……

だからあまり動きのない写真ばっかりだし、特にこれと言った事は書いてないので、リツちゃんとLilyちゃんの絡みを見たい方だけご覧下さいwww

では、始めようか


撮影中に後ろから抱きつくLily殿♪
リツ「きゃあ!びっくりするじゃない」
Lily「お姉さんも一緒に入りたいな~♪」
ウチのLily殿には抱きつき癖があるらしい。俺氏にもカモン!!

しかし思うのだが、どう見てもリツちゃんの方が幼いというか年下というか妹というか……そんな雰囲気があるのよね。09ヘッドと07ヘッドの違いか?
リツ「アタシの方が先に生まれてるし、ちょっと前まではLilyと同じヘッドだったんだから!」
Lily「あら、じゃあ私が妹になるのかしら?」
アンタがお姉ちゃんでいいです。小さなお姉ちゃんというのもそそるが

Lily「リッちゃんにちゅー♡」
リツ「ふぇ!?」
リツちゃんが何か鈍臭そうに見えるのもヒ・ミ・ツ♡ そういう所がまた可愛い♪

そう言えば、ボークスのバッグにDD級ドールは2人入るのか?と思ったのだが……

2人を抱き合わせたら入りましたwww
Lily「あぁ……リッちゃん。幸せ♡」
リツ「何だか身の危険を感じるんだけど……?」
それは気のせいである。俺氏の背中で変な事しない

試しにリツちゃんを膝の上に乗っけてみるLily氏

リツ「だ、大丈夫……?」
Lily「ええ、問題ないわ…リッちゃんの温もりを……」
いやお前、相当無理してるだろうwww 公式は25㌧

じゃあ膝枕なら重くないよね!
ところでLilyさん、寒くないですか?リツちゃんのコートを拝借
Lily「ええ、寒くないわ。だって、リッちゃんあったかいんだもの♪」
リツ「そ、そうなの……?」
いや、多分違うwww 魂が熱い

実際はLilyの方が大きいのに、着てる服のせいでリツちゃんの方が大きく見えるwww
Lily「うふふ♪太ってるリっちゃんも丸々としてて可愛いわ♡」
リツ「太ってないわよ!ちょっとマスター、Lilyにも分厚い服を着せるのよ!アタシの方が太く見えるじゃない!!」
どんな状態でもLily殿はリツちゃんを可愛いと言うだろう。俺もだけど

いつもはこの様に二段ラックの上で並んで座ったり寝転んだりしています。移動も楽チン♪
部屋が汚いプライバシー保護の為、俺氏の部屋はモザイクをかけております。

やっぱ座布団とか枕とかいるよな?
リツ「ある方がいいけど、そもそもアタシ達に合うサイズなんてあるの?」
Lily「そうよねぇ……探せばあるんじゃない?」
東急ハンズとか使えそうなのあったけどな。人間用だけど

寝る時も一緒です♪
お前ら俺氏の枕返せwwwww たまにオフトゥンも奪われるがwww
Lily「あら、マスターも一緒に入る?」
リツ「入れればの話だけどね☆」
上から覆いかぶさる!!!!大圧殺

以上、現場からお送りしました。

という訳で、リツちゃんとLilyちゃんがキャッキャウフフするだけのお話は終わりです。
あぁ^~心がぴょんぴょんするんじゃぁ^~
Lily「Ah^~ It makes my heart keep hopping^~」
リツ「Ach^~mein Herz hüpft^~」
何て言ってるのかわかんないのに意味はわかる不思議www リツにドイツ語音源は搭載されてない

まあ何ていうの? たまにはこういうのもいいよね~♪
写真撮るだけでブログネタになってくれるドール達マジアリガタイ♪
Lily「あぁ……笹を食べてゴロゴロしてるだけで人気が出るパンダみたいな?」
リツ「例えがわかりにくい……」
パンダ長い事見てないなぁ…… 動物園行くフラグ???

では、今回はこれにて失礼。
さらば! (`・ω・´)ノシ
リツ「またね~♪ (*´∀`*)ノシ」
Lily「Good-bye♪(ゝω・)ノシ」


Lily「ところで私のV4はまだかしら?」
インターネットさん、マジでお願いします。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする